「ほっ」と。キャンペーン

はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

長らくご無沙汰しておりました~~!!

6月20日に男子を出産し、三か月過ぎました。お陰様で、母子ともに元気です。

この間、momoは中学校に入学し、新たな世界に飛び出しました。気管切開してさらに「自己改造」を遂げたmomoは、一日も学校を休むことなく、現在までフル出場、皆勤賞です。新しい友人たちと過ごす日々も、momoの元気の源となっているようです。

私は、長男chiakiの育児で睡眠時間は2~3時間の日々。この歳になると、かなりつらい~。でもなんとか、生活のリズムがつかみかけてきたので、はぴくろの活動もじわりと再開させていきたいと思います。長い間ブログも更新できず、はぴくろの活動もできいませんでした。この間、多くの方に、「ブログ待ってるよ」と言っていただき、申し訳なく思うと同時に、とてもありがたく感じました。まだまだフル活動とはいきませんが、どうぞよろしくおねがいいたします。

さて、早速ですが、出店の報告です。
益城町健康フェスティバル。
この日は、毎年天候に恵まれてます。今年も、とってもいいお天気。
b0206677_14104630.jpg


お客さんはあまり多くはないのですが、毎年来てくださる方も。ありがたいことです。
b0206677_14133187.jpg

遊びに来てくれた、津森小学校の子どもたちと。

穏やかな風の中、とても気持ちのいい一日でした。
# by hapikuro | 2013-10-17 14:16 | 活動報告
長々と、ご無沙汰しておりました。3か月・・・。

この間、季節は巡り、雪が積もりそうなころから桜が舞い散る暖かな季節へと変わりました。

3か月で、いろんなことがありました。

momoは、小学校最後の数か月間を、毎日愛おしむようにすごし、ついに卒業の日をむかえました。
3学期からは、卒業に向けての「プロジェクト」がいろいろあったらしく、6年生の子どもたちは校内遊具の色をきれいに塗り替えたり、タイムカプセルや文集の準備をしたり、自分たちで料理を用意して一日カフェを開店し、先生方をご招待したりして、忙しいながらも充実した日々を送っていました。
momoも、仲間たちと一緒に卒業プロジェクトを遂行?することを楽しんでました。

ただ、今年に入ってから、月1回のペースで体調を大きく崩し、入院する事態となりました。原因は、おそらく「誤嚥」。飲み込みそこなった食べ物や唾液が肺に入り込み、炎症を起こしていたのです。もともと、食べることがあまり上手ではなかったmomoですが、身体が成長するにしたがって筋力も増し、その分飲み込む筋肉がバランスを崩してますます上手に動かすことが難しくなっていったのかもしれません。それに、気管に異物が入り込んでも、感覚が鈍ってきていてそのことに気付きづらくなっていたようです。

2月に入院したとき、病院の先生から、「気管切開」の手術を勧められました。呼吸することが難しくてうまく酸素を取り込めない場合に、のどに管を入れて呼吸を楽にしてやる方法です。momoの場合、そこからさらに状態が悪いので、食道と気管を完全に分離する「喉頭気管分離手術」という方法を取るそうで、この手術をすると、声を出すことがまったくできなくなるのです。 

声が出ない・・・

このことが、momoにとってどれだけつらいことだろう?
momoは、何か具体的に言葉を発することはありません。声をだすことも、一日数回あるかどうかで、声で何か意思表示をはっきりとすることはあまりない。少なくとも、今の時点では。と、思います。

でも。

これから先、中学校に入学し、心も大きく成長する中で、共に過ごす仲間たちに伝えたいことがたくさん、たくさん出てくると思います。その時に「声が出る、伝える手段がある」ということがmomoにとってどれだけ大切なことだろうか。逆に、声を失ってしまうことが、どれだけつらい苦しいことだろう。それは、momo本人にしかわからない。それでも、気持ちを伝える手段をあまり持たないmomoにとって、声はきっと貴重な意思伝達手段。もしかしたら、あいさつや返事は声でできるようになるかもしれない。

そう考えると、声を失うということは、まったく考えられませんでした。

少なくとも、その時点では・・・


卒業式も無事に終わり(このことは、また改めてご報告します。とっっっても素晴らしい式でした。)、張りつめてきた気持ちが緩んだのか、式後一日経って、momoは高熱を出し、入院しました。入院時点ではそれほど重症ではないかと思っていたのですが、日に日に具合がわるくなり、呼吸は苦しく、熱は連日40度超えでした。2月の入院時点では、気管切開の手術は考えられない、momoはまだ大きくなるし、成長すれば抵抗力も増してくれるかもしれない、とは思っていましたが、心の奥では、あと一度、入院するような事態になれば、考えなくてはならないと覚悟もしていました。
ずっとお世話になっていた小児科の先生が話をしに来てくださいました。momoの誕生直後、5年前の病気の時、そのたびにmomoの命を救ってくださった先生です。この先生から手術を勧められたら、もう考えようと思っていました。先生は、「自分は、手術とかめったに勧めない。でも、今のmomoちゃんの様子を見ていると、もう必要な手術なのかもしれないと思う。確かに声は永遠に失ってしまうけれど、それ以上に、得られるものは大きいと思う。誤嚥して体調を崩すことはなくなるし、入院することも減るだろう。なにより、家族と一緒に自宅で過ごし、学校にも今以上に安心して行けるようになる。momoちゃんにとって、確実に生きやすくなる」と言われました。そして、「ここまで大きくなったんだから、、これから先は少し楽に生きていける道を選んであげた方がいいかも」とも。
その言葉を聞いたとき、何かが溢れ出すようにこみ上げました。

そうだ。momoにとって、と思っていたことは、そうじゃなかったんだ。

私たち親にとって、momoの声を失うことが耐えられなかったんだ。momoは、もうずいぶん前から覚悟して、自分の命、未来について考えていたのかもしれない。前回入院した時、momoに「声を失うかもしれない手術をしても、いいの?」と聞いたら、はっきりと「いいんだ」とまばたきで返事を返してくれていた。それなのに、私は自分がmomoの声を聴けなくなることが怖くて、momoの返事を受け止められなかった。
これからもっともっと元気で、学校にもいっぱい通って、仲間たちと充実した毎日を送るために、momoは、自分の中で必要なものと、そうでないものをきっぱりと決めていたのです。

そうだよね。これからもっともっと、よりよい命を生きられるように。


3月28日、momoは、喉頭気管分離手術を受けました。呼吸はもう限界に近づいていたとのことです。
手術後、集中治療室で、今まで見たこともないようなピンク色の唇をしたmomoに会いました。
ずっと、苦しかったんだね。頑張ったね。


momoの友人たちには、こんな究極の選択をしながら、自分の命と向き合っている子たちが沢山います。
みんなみんな、これからもずっと、よりよい命を生きられますように。


久しぶりの更新なのに、長い文で、すみませんでした・・・
# by hapikuro | 2013-03-31 00:39 | 日々のいろいろ

ぼちぼち・・・

また、たいへんご無沙汰しておりました・・・(汗)


ものすごく私事で申し訳ないのですが、このたび、第三子を授かりました。
11月ごろからなんだか体調がすぐれず、あああ~~もう年かな~~(T^T)と思っていたのですが、何とまあビックリ。momoとはなんと13学年、macoとは9学年離れた弟か妹です。
妊娠が分かってからは、体調の悪さにも納得がいき、それなりに頑張れていたのですが、少しずつ無理が来ていたのか、先日、切迫流産で入院する羽目になってしまいました。今は退院して、自宅でぼちぼち過ごしています。
入院期間中、そして退院してからも、夫や実家、学校の先生方には本当にお世話になっています。入院中は、夫が帰る6時ころまでmomoは学校で先生方と一緒に過ごさせてもらいました。そして、退院してからは、momoを抱えるのが負担になるからと、学校が終わってからも先生が家までついてきてくださって、抱えおろしてくださってます。本当にありがたくて、感謝です。

はぴくろの活動も、なかなか思うように動くこともできず、今年のクリスマス会は中止させていただかなければならなくなりました。本当に、すみません。
この埋め合わせ?は、きっといつかやりますので、待っていてください。
今年は、三角の「宮田農園」というところで、石釜ピザやクッキー、パンなどの手作り体験を予定していました。ここは、ぜひみんなで行きたいと思っていたところなので、もう少し暖かくなったら、ピクニックを兼ねてまた計画したいと思っています。

ブログの更新も、今まで以上にぼちぼちとなってしまうと思いますが、どうぞお許しください・・・
# by hapikuro | 2012-12-19 09:40 | 私事ですが・・・

実は好きかも~

ちょっと、ご無沙汰しておりました。
個人的になんですが、少しいろいろありまして・・・自分の力不足を痛感した数日間を過ごしていました。でもやっぱり、助けてくれるのは仲間たち。ありがたく思います。気持ちの整理がついたら、またこのブログでもご報告したいと思っています。

さて。

先日は、熊本市富合町の新幹線車両基地「熊本総合車両所」で、「新幹線フェスタ2012」がありました。新幹線大好き~~!!!     ・・・というわけではありませんが、高校の修学旅行以来新幹線なんて乗ったことないし、せっかく熊本まで来てるから、と、半分物珍しさに引かれて行ってきました。
b0206677_15444197.jpg

小さい子供から、新幹線に恋する??おじさん方まで、幅広い年代の人が沢山来ていました。

今回のフェスタでは、新幹線を分解・点検・整備する際の車両持ち上げの見学や、N700系、800系の新幹線車内見学もありました。


b0206677_15482148.jpg

これは、実際に走っている新幹線。整備のために、分解?されて、車体が持ち上がっています。
こんなに間近に新幹線を見ることなんてない。結構テンションあがります。整備の人が車体の下に入って点検できるくらいの高さにまで、持ち上げられています。



この日は、車両基地内に新幹線が5台?ほど、収まっていました。そのうちのN700系と、800系の車内見学ができました。
b0206677_15594734.jpg

N700系の車内。グリーン系で落ち着いたデザインです。車いす用車両もあり、そこはとてもゆったりとしたつくりになっていました。


b0206677_1692116.jpg

800系の車内。明るくて、金ぴか~!!!
でも、N700系よりも通路が狭く、momoのバギーが通るには、少々無理がありました。座席を壊さないかと、はらはら・・・
b0206677_16182929.jpg

金ぴか~☆



b0206677_16504486.jpg

新幹線の車体はつるっとしていて、流線型で、美しさを感じます。新幹線好きな人の気持ちがわかる。見とれてしまいます。


今度は、新幹線に乗って、どこか行きたいなあ。はぴくろでも、新幹線の旅をしてみたいです。
# by hapikuro | 2012-10-30 16:57 | 日々のいろいろ

陸上記録会。

昨日は、町内全小学校の5,6年生が集まって行われる陸上記録会でした。
momoの出場は、100M走。
クラスの友達Y君と、5年生のAちゃんが伴走してくれます。
前日まで、咳と痰がからんでいまいち調子の良くなかったmomoですが、やっぱり行事に合わせて体調を整えてくるのは、ほとんど神業。この日も元気に出場しました。
さて、100M走はどうかなあ。
お友達に伴走してもらって走るので、完走できるのは確実なのですが・・・


b0206677_10202674.jpg


はっ・・・早っ・・・
隣りを走っている子を、追い越し・・・


Y君も、Aちゃんも、とても走るのが早い人たち。この日も最後のリレーに出場していました。この早い二人に付き添われて、風のように駆け抜けていきました。


b0206677_10235411.jpg

完走後の、やり遂げた感。
momoの鉢巻は、若干、酔っ払い父さんのネクタイ鉢巻。

6年生は、最後の陸上記録会。走り高跳びに出場したYちゃんとMちゃんは、好記録を出し、郡大会に出場することになりました。郡大会でも、がんばれ~。

ほかのみんなも、よく頑張りました。
# by hapikuro | 2012-10-11 10:29 | 日々のいろいろ