はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

沖縄の空の下。

今年の夏休み、沖縄に行ってきました。

十数年越しの念願だった沖縄!!自分の古い生命保険を解約して、解約金で旅行代金をひねり出しました。身を削る思いをして?行きたかった沖縄。行って何をしたかったかというと、海に沈む夕陽を見たかったのです。空気を真っ赤に染めていく夕陽を、波の音を聞きながら、ただぼんやりと眺めていたいなあ、と思っていました。

旅行は、宿から飛行機まで、全て自分でプロデュースしました。飛行機には、momoの特殊な車イスは乗せられないので、どこで車イスを受け渡すのか、座席にはどうやって座らせるか、ひとつひとつを航空会社と確認しながら進めました。

宿は、ビジネスホテルやマンションタイプの滞在型ホテルを取りました。その中で、どうしても泊まりたい宿がありました。名護市にある「海と風の宿」です。インターネットで宿を見つけていて、偶然出会いました。
宿のご主人成田さんは、車イスを使用されています。成田さんのブログや、宿のHPを見て、「ここに泊まりたい!自分に何が話せるか分からないけど、話をしてみたい!」と思いました。
成田さんは、ひとりで海外に旅をしたり、仲間と富士山に登ったりと、すごい経験をされています。車イスでのひとり旅は、それだけでも不安になるものだと思うのに、成田さんは、海外でも危険な目に遭いながら、それでも車イスの旅を続けておられます。そこには何があるのだろう?人を信じる、という限りない力?そして、自分自身を信じる力?人生の経験がまだまだ浅い私には、ほんの一部しか見えていない世界。
「人生の途中で車イス生活になった自分にとって、車イスに乗るということは絶望だった」と成田さん。「でも、車イスで富士山に登って、沢山の仲間が車イスを押したり引いたりしてくれた。そのことで、車イスは”悲しい乗り物”ではなくて、みんなで楽しいことをする”おみこし”なんだ、と思った」と言われました。

ああ~~!そうなんだ!momoが乗る車いすは、体の動かない人間のための単なる移動の道具ではなく、みんなで取り囲んで何か楽しいことをする、”おみこし”なんだ!!
この言葉を聞いたとき、今まで感じたことのないような、わくわくする、体の中から嬉しさとか希望のようなものがわいてくるのを感じました。
学校の運動会で、遠足で、普段の生活の中で、momoは常にお友達に囲まれ、ワイワイと賑やかな中で本当に楽しく過ごしています。この子は、移動手段の道具に乗っているのではなく、みんなで楽しめる「おみこし」に乗せてもらっている。なんて素敵なことでしょう!!!

成田さんの宿は、車いすの人でも使いやすいように、お風呂なども工夫されています。
いろんな人が宿に来て、泊まり、働き、暮らしています。
私たちが泊まった日は、客は私たち家族だけ。成田さんとスタッフの方が一人おられました。
成田さん「もう一人スタッフが来るはずなんだけどね。」
私「そうなんですね。」
成田さん「今日は来ないね~。ホームレスの人だから、連絡つかないんだよね。ははは。」

はぴくろのメンバーと、みんなでぜひ、この宿に泊まりに行きたいなあ。
私の沖縄への思いは、まだまだ続きそうです。



海に沈む夕陽は、天候悪く、結局見られませんでした。連日、雷とスコール続き。
神様が「また見においで」と笑う声が、雷に乗って聞こえた気がしました。


成田さんブログ「地球でみつけた宝物」

海と風の宿HP
by hapikuro | 2010-09-18 15:21 | 日々のいろいろ