はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

今年も元気に!!!

9日は、momoの小学校校区の”どんどや”がありました。
学校のPTAや先生方、地域の方々が、高さ10メートルあろうかという大きな竹やぐらを組み、今年一年の健康と幸せを願って火を付けます。こども達は、その火にあたり、持参したお餅を焼いて食べます。さらに、PTAの母親部で、100人分は余裕で作れるでっかい鍋に、豚汁とぜんざいを作って、こども達や地域の方に振る舞います。こども達が毎年とても楽しみにしている、冬の行事です。この豚汁とぜんざいを作る中心にいたのは、はぴくろメンバーの「ひまわり」さんことYちゃん母さん。母親部の部長で、本当に頑張っています。豚汁、ぜんざい、最高~!!でした。母さん達の暖かさが伝わる、ご馳走でした。おかわりしたかったけど、遠慮しちゃった。えへ。

b0206677_10495198.jpg

写真じゃ、やぐらの大きさはわかりにくいですが・・・それはそれは大きいです。手前の人は、かなり離れたところにいます。

火がつけられると、勢いよく炎が上がり、正月飾りやワラが燃えて、天高く舞い上がります。書き初めを燃やして、その灰が高く上ると字が上手になると言われていました。
この火にあたると、一年間元気に暮らせるそうです。この地区で面白いのは、焼けたあとの炭を顔や身体につけると、一年健康でいられるという言い伝えがあること。不思議なことに、こども達は火がつけられる前から炭を持って、それぞれの顔に塗りまくっていました。火がつくころには、みんな顔が真っ黒(もちろん、大人もやられます。こども達は、容赦なし。)。「その炭はどこから持ってきたの?」と聞くと、なんと、去年のどんどやの炭を、近くの田んぼに埋めていたそうな。

・・・・・  あなたたちは、ドングリを埋めるリスですか。

momoも、例外なく炭を顔に塗られ、ムッとしていました。
私も、縁起物・・・ということで、こども達に塗ってもらいました。
これで、今年一年病気知らず!!     ・・・かな?
by hapikuro | 2011-01-11 11:09 | 日々のいろいろ