はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

奇跡の命。

最近、ひとつの命とさよならしました。

先月の上旬、妊娠していることが分かりました。
すぐに病院に行って、検査してもらったところ、妊娠5週目。でも、心臓が見えないとのこと。妊娠初期には確認出来ないことがあるので、また一週間後に見てもらうことに。
不安だったけれど、つわりのような気分の悪さもあるし、一週間後には心臓も見えてるだろう、と自分に言い聞かせつつ、翌週の診察を受けました。
心臓は、見えませんでした。
更に翌週。やっぱり、心臓は見えませんでした。
「赤ちゃんの姿がありません。」と言われました。

今回の妊娠、実は私の心の中はまだそのことを受け止めきれていませんでした。
ずいぶん元気になったとはいえ、まだまだ不安定要素のあるmomoのこと。
4月には小学校に入学をひかえ、環境も変わって大切な時期にあるmacoのこと。
はぴくろのことも、今年を目標にやりたいことがたくさんある。
そんなことをいいわけにして、何億分の一の奇跡を起こして私たち家族の元に来てくれた命を、私は受け止めてあげられなかった。
心のどこかで、「今ですでにいっぱいいっぱいなのに、また赤ちゃんなんて育てられない」と思う自分がいました。
こんな自分勝手な私の思いさえも分かっていたのか、小さな命(命とまで言えなかったかもしれませんが)は、その姿を見せることなく、私の中からいなくなりました。

「おれ、がんばるから。」と言って、とても喜んでくれた夫。
「ずっと言わなかったけど、きょうだいが増えるのが嬉しい」と言ってくれたmaco。
気遣ってくれた友人達。
そして、「また来るから」と、神様の元に返っていった命。
ごめんなさい。ありがとう。

母親のおなかの中に命が宿り、生まれてくるというのは、どれだけ大変なことか。わかっていたつもりでも、日々の生活に追われて、私はいかに素晴らしい奇跡の命達を育てているかということを、そして自分もまたその命達に育てられていることを忘れていた。
もし、また私たち家族のところに来てくれるのなら、しっかりと受け止めて、一緒に生きていこう。
今回のことで、少しだけ覚悟が出来た気がします。
by hapikuro | 2011-03-03 15:15 | 私事ですが・・・