はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

今、できることは。

9日は、「九州ラーメン党」の皆さんが東北大震災支援ボランティアのラーメン炊き出しに行かれたことの報告会がありました。
今回現地に行かれたのは、ラーメン党のメンバー4名、公募メンバー4名の合計8名。

報告をされる、九州ラーメン党代表の濱田さん。
b0206677_10245378.jpg


今回の支援は、宮城県の石巻ボランティアセンターを経由して、気仙沼市、石巻市へ。各地で300~350杯ずつ、合計1000杯のラーメンを、避難されている方々や、全国から集まったボランティアの人々に食べてもらったそうです。
b0206677_10263873.jpg

写真もたくさん撮ってこられていました。
津波が襲うその瞬間まで、避難するよう放送を続けていた、役場の庁舎もありました。テレビで何度も見たその場所は、いまだに一切片づけられることなく、骨組みばかりになった庁舎が改めて今回の災害の恐ろしさを見せつけます。


被災された方々は、一度は避難所に身を寄せておられましたが、長引く避難生活のストレスもあり、自宅のある人は自宅に戻っておられることが多いそうです。でも、自宅はもちろん普段の生活ができる状況ではありません。津波に飲み込まれた一階にはいられず、二階のみでの生活。自宅に帰れば、避難所には届く支援物資が受け取れません。そのような苦しい状況の方々にラーメンを提供されました。

現地で・・・
毎日テレビで報道されているにも関わらず、現地で自分の目で見ると、災害のすさまじさ、恐ろしさに言葉を失う。
相手を思いやる気持ちが強い。ラーメンを差し出しても、隣の人からどうぞ、と譲り合いになる。
そして、みんな、明るい。
初めて会った人々なのに、ずっと昔からのつきあいであるかのような、つながりを感じる。
また会いましょう、また来るから。と、涙を流して約束してきた。


最後に、一番心に引っかかっていることを、聞いてみました。
しょうがい持っている方々は、どのように日々を生きておられるのだろうか??
質問している途中から、なんだか涙がじゃあじゃあと出てきて、どうしようもなくなってしまいました。
現状は。
避難所からは、事実上出されている(追い出されている?)状態だそうです。
避難所にいても、本人にかかるストレスは相当なもので、苦しいので、自宅のある人は自宅に戻り、あるいは被災していない施設に移転している。全国(熊本を含めて)や現地の福祉作業所組合も、利用していた人が今どういう状況にあるのか、調査をしているが、なかなか把握ができない。支援もできていない。そう答えられる方の目からも、涙があふれました。



私に、何ができるのだろう。

自分の無力さ、行動力の無さ、勇気の無さを、改めて思い知らされる。


今回、被災各地を回る中で、濱田さんは詩を書きとめておられました。
その一部を、掲載の許可をいただいたので、ご紹介します。

      『畑に船』
     田植が始まっていた
     町なかの道をひた走ると
     川向うは粉塵舞う
     瓦礫うず高く片付かぬ街
     石や草や木片やコンクリートや
     木の葉散らばる中に
     打ち上げられた船体が横たわる

     おーい 何の漁をしにやってきた
     畑の船よ 海へと帰らないか
     これから 稲作が始まる季節


      『テント村』
     この百余の
     テント村を見よ
     ここは避難所ではない
     日本の各地からやって来た
     ボランティアという人々の仮住まい

     梶上げ瓦礫運び
     炊き出し班
     留守部隊残して
     任地に赴き夕べに帰る
     夕飯はカップ麺
     良い日はカレー

     この百余りの
     テント村を見よ
     これが日本を動かす力
     これがこの国再生の力


      『津波考』
     津波は
     持てるものすべてを
     流したけれど
     津波は 
     新しい宝物を
     いっぱい運んできた

     津波は
     母を連れて行ったけれど
     津波は
     新しい友を
     いっぱい連れてきた


 
日々を、懸命に、大切に生きること。
希望を持つこと。
感謝をすること。
できることを積み重ねていく。
一人一人ができることを積み重ねれば、世の中を変えるかもしれない。
そう、思います。

この日は、ラーメンを500円で提供しておられました。
材料代等を差し引いた分を、次回の被災地支援活動のために積み立てるそうです。
by hapikuro | 2011-06-10 12:03 | 日々のいろいろ