はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

はぴくろ長崎旅行2012、パート3。

旅行を終えて、子どもたちが作文を書いてくれました。

「土日ではぴくろ旅行に行きました。一日目は、原爆について学習、平和祈念像などに行きました。平和祈念像は、ただの像ではなく、一つ一つに思いが込められていることを初めて知って、よかったです。いろいろなことを学んだので、次の時に生かしたいです。
夜、いろいろなことがありながら寝ました。二日目、待ちに待ったハウステンボスに行きました。かんらんしゃやメリーゴーランド、ジパングくらぶに行きました。とっても足が痛くてつらかったけど、楽しくできていい思い出ができました。この二日を通して、戦争のおそろしさ、平和の大切さをあらためて見直しました。」


「私のゴールデンウィークの思い出は、はぴくろで長崎に旅行に行ったことです。ハンバーグが三日続いたことがびっくりしました。二日目のハウステンボスでは、アドベンチャーパークが行けなくなったり、日本の怪談屋敷はこわくなって行けなくなってしまいましたが、とっても楽しかったです。バスから降りて、K君の家とおすしを食べて帰りました。おいしかったです。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、長崎に行ったことです。でも、ひとつ残念なことがあります。それは、Y君とH君が途中で家に帰ったことです。ハウステンボスに行けなかったことが、かわいそうでした。でも、6年のみんなにおみやげを買ってきたのでだいじょうぶとおもいます。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、はぴくろの長崎旅行です。理由は、フェリーが気持ちよかったし、ハウステンボスで、ワンピースのサニー号にも乗れたし、ドラクエ展でむかしのドラクエを見れて楽しかったです。でも、5Dなどができなかったのが、残念でした。」


みんな、楽しんでくれたようで、嬉しいです。


今回の旅行で、仲間がいればどこにでも行ける、楽しめるということを、こどもたちはまた体験することができたと思います。
そして、みんなで行くからこそわかる、仲間の大切さにも気付いたことでしょう。体の自由に動く人だけだったら、もっと沢山の事ができる。ハウステンボスでも、もっとたくさんやりたいことができたでしょう。でも、それでいいの?あなたたちの近くには、動きたくても動くことが難しい人がいる。行きたいところも制限されてしまう人もいる。そんな人たちと、同じ歩みの速さで、同じ目線で、ちょっとだけでも世の中を見てほしい。すぐに何かの形で実行する必要はないから、心の中に、同じ目線で見た、普段とは離れた旅先での出来事をとどめておいてほしいと思いました。
こどもたちは、こんな願いをしっかり受け止めてくれました。車いすやバギーに乗るメンバーのそばに常にいてくれ、相手を思いやることを忘れませんでした。本当に、ありがとう。

今回参加できなかったこどもたち、ぜひまた行きましょう。

準簿を万全に整えたつもりでしたが、いろいろと不手際があったと思います。特に、我が家の不祥事(!?)で、皆さんにご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。次回は同じことのないように頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いします。
by hapikuro | 2012-05-17 15:24 | 活動報告