はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

カテゴリ:未分類( 6 )

ブログの更新が、最近はなかなか出来ておりません。申し訳ないです。
体調がいまいち優れず、すぐくたびれてしまい・・・(涙)思うように動かない身体にイライラとしています。
情報発信をしていかなければ!伝えたいこともたくさんある!!・・・のに、うまくいかない現状。なんとか乗り切って、お伝えしていきたいと思います。ぼちぼち更新となりますが、どうぞご勘弁を。


そんなどんより空気を打ち破る、嬉し~~いお知らせが!!!!

はぴくろメンバーのI君に、2月2日、弟K君が誕生しました!!!
おめでとう~~!!!
この世界に、また新しい命が来てくれました。感動、感謝。
I君、お父さん、お母さんと一緒に、沢山た~くさん幸せになって下さい。
そして、I君。「お兄ちゃん」になったからって、がんばらなくてもいいからね。今まで通り、マイペースでいこう。

私も、幸せを分けてもらった気がします。

ううう。おばちゃんは本当に嬉しいよ。
by hapikuro | 2011-02-07 10:21
あけまして、おめでとうございます!!
2011年の幕開け、皆さんのお正月はいかがでしたか?
我が家は、おかげさまでみんな元気に新しい年を迎えることができました。ただ・・・寒い。元旦には雪が積もり、ここは北国?という風景が広がっておりました。あまりの寒さに、肩がこります。どこかに出かけようか~?とも思いましたが、結局、寒さに勝てず、初詣と買い物に少し出ただけで、あとは家で縮こまっていました。
momoは、冬休みに入って以来、完全にスイッチをオフにして、文字通りの寝正月です。あんまり寝てると、脳みそ溶けるぞ。

新しい年になって、なにか目標を立てろー!!と夫に追い立てられておりますが、なんとなく、まだぼんやり。でも、一年はあっという間。今年はこんなことを頑張った!!と言えるように、はぴくろのことでも、個人的なことでも、目標を立てて、それに向かって歩まねば、と思っています。


本年も、どうぞよろしくお願い致します。
by hapikuro | 2011-01-05 01:14

映画を観ませんか?

今日は、二本の映画をご紹介します。
一本目は、「うまれる」という映画です。
パルママにこの映画のことを教えてもらいました。
「うまれる」は、妊娠・出産・育児をテーマに、命の尊さ、自分自身の原点、家族の絆、人とのつながり、そして生きることを考えるドキュメンタリー映画です。
子どもは親を選べない、と言う言葉を、聞くことがあります。親から愛情を受けることなく、悲しい運命をたどるこども達のニュースを、毎日のように聞きます。こんな親の元に生まれて、不幸な子どもだね、と、思われる方も多いでしょう。
私は、「子どもは親を選んで、生まれてくる」と思っています。「では、虐待を受け、不幸な目に遭うのが分かっていて、その親を選んで生まれるのか!?」と言われれば、そうではありません。子どもは、「この親ならば、私は幸せになれる」と思って選んでくるのではない。「この人と、生きていきたい。」と思って、生まれてくると思います。人生は、いろんなことがある。いいこと、楽しいことばかりではない。それも分かっていて、それでも、この人に育てられて、この人と一緒に人生を送りたい。そう思って、生まれてくると思います。そのことを、私たち親はどれだけ気付いているか??何億分の一の奇跡を起こし、時には神様から与えられた「しょうがい」というチャレンジの素を背中に背負って、こどもは、私たちを選び、私たちの元に来てくれた。と、私は思っています。
中には、生まれることを選ばずに、再び天に帰る子もいます。その子は何も私たちにもたらさなかったのか?その子は、「今はまだ、私は生まれる時じゃない。きっとまたあなた達の所に来るから、もう少し待っていて」とメッセージを送っていたと思います。私も、流産の経験があります。とてもとても悲しくて、言いようのない喪失感でした。でも、[もう少し待ってて」と、この世で会うことのなかった子の写真を見ていて、言われたような気がしました。
命の繋がり、生まれることの奇跡、[産まない」という選択、夫婦の絆。そんなことを、いろいろ考えながら観られる映画だと思います。
現在は九州で福岡のみの上映ですが、自主上映も可能だそうです。福岡での上映終了後、はぴくろ主催で上映できたらいいな、と思っています。

もう一本は、「朋(とも)の時間~母たちの季節~」という映画です。
夏に沖縄に行ったとき、宿のご主人成田さんに教えてもらい、制作された西山正啓監督にも直接電話でお話させて頂きました(いきなり、「監督としゃべってみる~?」と聞かれ、しどろもどろのうちに電話を渡されて、しどろもどろのうちに会話終了)。
横浜にある重度障害者通所施設「朋」を舞台に、そこで暮らす、いわゆる「重度心身障害者」とその家族の物語を、ドキュメンタリーで制作されています。
「この子がいたから、こんな人生しか送れなかった、ではなく、この子がいたからこそ、これほどの人生が送れた」と言える人生を、みんなで作ろう。それが、「朋」のスタートの合言葉でした。
以前は、病院か家庭でしか過ごすことのできなかったしょうがい者。隠れるかのように、そこにいないかのように暮らして行かなければならなかった時代もあります。やりたいことも、少し手を貸してもらえたらやれることも、「あの人達には無理」と、遠ざけられてしまう。ホントはこんなこと、大きな声で言いたくないけど、「私たちはここにいるんだ!」と叫びたくなる。生きていることの喜び、幸せは、みんなに与えられるべき。みんなにチャンスがあるはず。
はぴくろメンバーの子達は、まだ小さい子が多いけど、「この子がいたからこそ、これほどの人生が送れた!」という思いは、私たちにも言えることと思います。その思いは、しょうがいがあるなしに関係ない。
この映画から、たくさんの思いを受け取っていただけたら、と思います。
2002年の作品なので、まずはDVDを個人的に購入して、観ようと思います。その後、上映会を開く方向で進めたいです。(上映会には、監督が来て下さるそうです!!たぶん。)
by hapikuro | 2010-10-13 16:47
先程の長~い記事、おつきあい下さった方、ありがとうございます。
思い切りの悪い私の背中を押して、はぴくろ立ち上げのきっかけを作って下さったA先生、快く創立メンバーになってくださったK先生、N先生、K&U先生、Y先生、Hちゃんママ、momoのクラス保護者仲間のAさん、今年から仲間になって下さったT先生、そして沢山の仲間達。みんな、本当にありがとう。これからも、どうぞよろしくお願いします。
楽しい楽しい、サークルにしていきたいです。
そ・こ・で~!!

ハッピークローバー1才を記念して、
みんなでピクニックに行こう~!!!
      記念にしてはなんか、小振りな感じですが、まあ、ぼちぼち。

期日は、11月3日のはぴくろ誕生日に勝手に決めてしまいました。ごめんなさい。
場所は、今のところ、熊本市の動植物園にしようかと思っています。期日が近くなったら、また詳しいことをメール等でもお知らせします。
今予定の入ってない方、ぜひぜひその日は空けといてくださいね~!
なかなかみんなでそろうことが難しいので、沢山の方の参加を楽しみにしてます!
で、夕方、パワーの余っている方は、バーベキューでもどうかな???
もちろん、ご家族そろっての参加、大大歓迎です!
by hapikuro | 2010-09-28 18:02
昨日、momoの学校へ迎えに行ったとき、みんなでピクニックの日程はいつ頃がいいかな~という話をしていたところ、A先生から、11月3日は「ハッピークローバー」立ち上げの日だということを教えて頂きました。昨年の11月に立ち上げたのは記憶にあるのですが、その確かな記念日まで覚えていなかった私。「おおーい!代表担当なら、しっかり覚えとけ~!!」と、自分の頭につっこみをいれつつ、そうかあ、もうすぐはぴくろも1才なんだ、と感慨深いものがありました。
3年前の11月。momoは1年生でした。いわゆる”重度”の脳性麻痺で、地元の小学校には入学できないだろうと諦めていた私たちを、地元の小学校にしっかりと迎えてくれた。この子にはできないだろう、と諦めていたことを、どうすればみんなでできるのか、いつでも、どんなときでも考えてくれた。momoを含めて10人の1年生。親学級の担任の先生。特別支援学級の担任の先生。momoの専任の先生。全校児童100人に満たない、小さな小学校で、子ども達、先生、保護者の方々、みんなに囲まれ、包まれて、幸せな毎日。入学する前はこんな日が来るとは思っていなかったな。この学校で、良かった。このまま、みんなで大きくなっていって欲しい。そう、思っていた、1年生の11月。
その日はいつもより元気がありませんでした。学校で熱をはかってもらったら、38度越えの熱。すぐに迎えに行き、「たぶん風邪でしょう。今から病院連れて行きます。明日はお休みするかも。」と、先生方にお話しして、連れて帰りました。その晩。momoは今までにないような発作を起こしました。もともとてんかんの病気を持ち、発作も月に1回程度起こして、その都度救急車で病院に運び、処置をしてもらっていました。なので、今回も恒例の発作だろう。でも、なんだかいつもとは様子が違うな。と思いながら、救急車を呼び、病院に向かいました。いつもの発作なら、一日眠れば目覚めてくるのに、そのときは3日経っても目覚めない。おしっこが出ない。身体が、なんだかむくんでいる・・・。もう一度、血液検査をしてくれと、医師に頼んで、検査をしてもらった。結果は、「多臓器不全」。肝臓、腎臓はほとんど機能しておらず、肺にも水が貯まっている。血中のカリウム値が異常に高く、いつ心臓が止まってもおかしくない。というか、もう止まっているであろう値になっている。すぐに原因を突き止め、治療をしなければならないが、原因を突き止めている時間もない。なので、とりあえず体内の悪い血液を入れ替え、時間を稼ぎたい。これからすぐに処置をします。全力を尽くします。そう言う医師の言葉を聞きながら、身体の震えが止まらず、涙が止まらなかった。なんで?momoが?こうなる前に、気付いてやれなかった自分を恨んだ。でも、止まらない涙の中で、ひとつだけ思ったことは、「小学校に入学させていて、良かった。」ということ。もし、このままmomoが神様の元に呼ばれても、学校でみんなと楽しく過ごした日々を大切に持って行ける。一年生の友達と一緒に笑い、けんかし、先生に怒られ・・・この年の子どもにしか得られない、絆。大事な大事な宝物。            (続きます)

続きます
by hapikuro | 2010-09-28 15:54
「子育て」楽しんでますか?

子どもを育てていくことが「つらい」と感じたことはありませんか?

子育てに言いようのない不安を感じたことはありませんか?

子どもと向き合えていないのでは・・・と思ったことはありませんか?

子どもの笑顔を、最近いつ見ましたか?




あなたは、最近いつ笑いましたか?



「ハッピークローバー」は、悩みを抱える子ども達、親、学校の先生など、いろんな思いを持つ人たちが集まって、語り、泣き、笑い、(飲み?)そしてまた新しい明日への一歩を踏み出せるように応援する、子育て応援サークルです。

申し遅れました、私「ハッピークローバー」の代表担当(?)、もっぴー こと ももぴかりん と申します。
このサークルは、しょうがいを持つ子、持たない子、保護者、先生、みんなを包み込んで、何か楽しいことや夢中になれること、「幸せ~」と思えることを一緒に探していこうという気持ちで立ち上げました。
このサークル立ち上げのきっかけとなる出来事、思いなどはおいおいお話しするとして・・・
まずは、日々の活動内容、出会った人、出来事、など書きとどめていこうと思います。

なにぶん不慣れなパソコン作業で、ブログ初心者ときております。いろいろ不都合もあるかと思いますが、どうぞおつきあい頂けたら、嬉しいです。
by hapikuro | 2010-09-03 16:54