はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

カテゴリ:活動報告( 72 )

長らくご無沙汰しておりました~~!!

6月20日に男子を出産し、三か月過ぎました。お陰様で、母子ともに元気です。

この間、momoは中学校に入学し、新たな世界に飛び出しました。気管切開してさらに「自己改造」を遂げたmomoは、一日も学校を休むことなく、現在までフル出場、皆勤賞です。新しい友人たちと過ごす日々も、momoの元気の源となっているようです。

私は、長男chiakiの育児で睡眠時間は2~3時間の日々。この歳になると、かなりつらい~。でもなんとか、生活のリズムがつかみかけてきたので、はぴくろの活動もじわりと再開させていきたいと思います。長い間ブログも更新できず、はぴくろの活動もできいませんでした。この間、多くの方に、「ブログ待ってるよ」と言っていただき、申し訳なく思うと同時に、とてもありがたく感じました。まだまだフル活動とはいきませんが、どうぞよろしくおねがいいたします。

さて、早速ですが、出店の報告です。
益城町健康フェスティバル。
この日は、毎年天候に恵まれてます。今年も、とってもいいお天気。
b0206677_14104630.jpg


お客さんはあまり多くはないのですが、毎年来てくださる方も。ありがたいことです。
b0206677_14133187.jpg

遊びに来てくれた、津森小学校の子どもたちと。

穏やかな風の中、とても気持ちのいい一日でした。
by hapikuro | 2013-10-17 14:16 | 活動報告

健康フェスタ2012。

日曜日は、益城町の健康フェスタでした。
今年も、はぴくろで出店します。今年はテント持ち込みで、ちょっと大変!?と思いましたが、はぴくろメンバーY君ママがテントを貸してくれたので、助かりました。

とてもいい天気で、外で運動するにはちょうどいい季節です。はぴくろの出店も、気持ちいい青空の下ですることができました。
風もちょうどよく・・・ちょうど・・・?ちょっと強めかな・・・

と思っていたら、展示していたコルクボードがばさーっと倒れて、排水溝の中にストラップが落下~・・・テントも飛びそう~。

そんなこんなでちょっと大変でしたが、今年も楽しく出店できました。毎年買いにきてくださる方もおられて、楽しみにしていただけているようで、とても嬉しくなりました。

フェスタの最後にある、恒例の抽選会では、メンバーのYちゃんが、なんとなんとテレビをゲット!!!
b0206677_174481.jpg

すごい~!!

排水溝に落ちたストラップは、Hちゃんの活躍で、無事すべて救出しました。よかったあ。
by hapikuro | 2012-10-09 17:09 | 活動報告

片づけらんない。

現在、はぴくろの製作作業は、我が家の(一応)応接間で行っています。出店間際ともなると、ここは作業場???と言いたくなるような状態に。
以前は、製作が終わるたびに片づけていたのですが、めんどくさくなってしまい、いつの間にかフル稼働状態になってしまいました・・・。お客さんがあると、少しは片付けますけど。
製作に来てくれる友人たちは、「パパはよくこの状態で許してくれるね~」と、夫の寛大ぶりを大絶賛(?)。いやいや、許してはくれません。
b0206677_15432918.jpg


片づけると、何がどこにあるのかわからなくなるんだよね~。(言い訳)


b0206677_15471558.jpg



「ここは・・・(どうにかしろ)」と言いかけた夫に、間髪入れず「花畑みたいでしょ~。きれいでしょ~」と畳み掛ける私。しょうがなく、「・・・うん。」と頷く夫。ごめんよ。



庭に、作業小屋建てようかなあ。


10月7日には、益城町で「健康フェスタ」があります。そこで出店するので、そのあとは少し(少し?)整理しま~す。
by hapikuro | 2012-10-02 15:55 | 活動報告

〇〇は動くが。

先週金曜日は、製作でした。
やっと涼しくなり、暑かった我が家もエアコンなしでなんとか過ごせるようになりました。
この日のメインは、ツヤ出し材塗りと成形、仕上げです。
b0206677_15561246.jpg

新しく作ったストラップ。


b0206677_1557894.jpg

Hちゃんママが作ってきてくれたブローチ。Hちゃんママの創造力には、いつも感動します。



b0206677_1559445.jpg

今日もまた、賑やかです。久しぶりに、T君ママ、S君ママも来てくれました。
でも、今日はなんだかよく働きます(失礼・・・)。
「口は動くが手も動く」。


b0206677_163394.jpg

本日の成果。美しい~。
このお花たちを組みあわせて、作品を仕上げます。
by hapikuro | 2012-09-24 16:05 | 活動報告

夏休みのひととき。

この間、夏休みが始まる~げげげ~と思っていましたが、早いもので、momoたちは今日から二学期が始まります。今年から、8月中に二学期が始まるそうで、子どもの頃8月いっぱい遊びたおしていた私としては、なんとなく物足りないような・・・。でも、我が家の学校好き姉妹にとっては、早めの二学期は大歓迎のようです・・・


さて、溜まり気味のブログネタも、ここらで気合を入れて更新しますう~。

8月20日、製作日でした。
今回は、子どもたちも沢山来る予定で、さあ~この暑い中、何して遊ばせようか!?ということばかりを考えてました・・・

この日は、私の予備校時代からの友人たちも、子供たちと一緒に来てくれることになったので、楽しみにしてました。
遠方に暮らす友人たちは、夏になると、帰省中の忙しい中でも時間を作って、会いに来てくれます。子どもたちにも何度も会ってますが、久しぶりに会う子どもたちは最初は緊張気味。でも、容赦なく(!?)革の色塗りをしてもらいました。


b0206677_13592497.jpg

最初は、少し気が進まない感じでしたが(^^;)、一枚、二枚と染めていくと、だんだんと楽しくなってくれたようです。

momoのボーイフレンドのI君も、来てくれました。I君は体調も良い様子で、momoの隣りでニコニコとしてくれてました。S君母子も来てくれたのですが、訓練に行かなければいけないということで、10分ほどで帰って行かれました・・・今度はゆっくりと来てくださいね。


そして、この日は、「割れないシャボン玉を作ろう大会」も。
前日に行った「科学展」で、手のひらで弾んで割れないシャボン玉の作り方を教えてもらい、子どもたちと一緒にやってみよう!と思いました。
b0206677_1431743.jpg


b0206677_148265.jpg

できたシャボン玉液で、シャボン玉を作り、軍手をはめた手に乗せると、シャボン玉は割れずに手の上で弾むのです!これは楽しい~。
この日は少し風が強くて、せっかく作ってもシャボン玉は風に流されてなかなか手の上で弾んでくれませんでしたが、割れない!というのはわかってくれたと思います。


あっ、夢中になりすぎて、また写真を撮るの忘れた・・・


そのあとは、プールで水遊び。
b0206677_14133057.jpg


b0206677_14142933.jpg

満喫中の子どもたちと、ミツバチ一匹。


b0206677_14171720.jpg

M君ママいわく、「・・・保育園みたい・・・」

楽しんでくれたかなあ~?
by hapikuro | 2012-08-30 14:26 | 活動報告

暑い中・・・

またまたご無沙汰しておりました。(T^T)
毎日暑いですね~~・・・空気が熱い。脳みそが溶ける。わ~~ん。

この暑さでも、momoとmacoは元気です。momoは、小学校生活初めての一学期フル出場(?)!ホントに丈夫になったなあ。学習会やプール、週末の海水浴場巡りのおかげで、二人ともピカピカに黒光りしております。

夏休みに入って、5~6月にちょっとお休みしていた製作も再開です。
先週の金曜日、久しぶりに子どもたちも一緒の製作でした。
今回初めて参加のH君、M君、S君兄弟。ちょっとシャイなお兄ちゃんのH君、おしゃべり上手なM君、にこにこ笑顔のS君。とってもかわいい3兄弟です。
b0206677_1463057.jpg

久しぶりに会うK君と、前回の製作から来てくれている赤ちゃんのK君兄弟も。

b0206677_148462.jpg

ちなみに、この3人が兄弟ではありません。真ん中はK君。両端のH君、M君とは久しぶりの再会です。仲良く並んで「大岡越前」鑑賞。


b0206677_1532730.jpg

Hちゃんは、自転車に乗って一人で来てくれました。


寝転がりの図、三者三様。赤ちゃんのK君と並ぶと、momoのでかさが際立つ・・・
b0206677_1542442.jpg



はじめは恥ずかしがっていたH君ですが、だんだん馴染んできて、親戚の子にプレゼントする革アクセサリー作りを革を切るところから自分で頑張りました。
そして、革の染色も。
b0206677_1571743.jpg


b0206677_158089.jpg

楽しんでくれたようで、よかったです。


それにしても・・・我が家での夏場の製作は、やっぱり暑かった。エアコンもあまり効かず・・・(涙)すみません。
夏休み中の製作は、暑さ覚悟で来てください。子どもたちは庭で水遊びでもいいかも。
by hapikuro | 2012-08-01 02:09 | 活動報告

お待たせしました。

はぴくろで扱っている革には、数種類あります。
もっとも多く使っているのは、牛革。バッグを作ったりできるような上質の革で、厚みも作るアクセサリーによって変えています。花のコサージュやヘアゴムなど立体的に成形する場合は、0.8mm位の薄めの革を使い、ペンダントやキーホルダーなどしっかりしたものを作りたいときは、1.3mm位の革を使います。先日の製作で子どもたちに染めてもらった牛半頭分の革は、本来の牛革(3mm位あります)から必要な厚みの革を漉き取った残りの革で、床革といいます。レザークラフトの練習用や、バッグ等の裏地に使われるようです。

豚のスエード革も、アクセサリーのポイントとして使います。とても柔らかいので、細かく切れ目を入れたりくるくると丸めたりして、花のコサージュの花芯としてもいい感じで使えます。

そして、夏のアクセサリーとしてよく似合うのが、豚の生革。革製品に使う革は、牛や豚の皮をはいだ後、「なめし」という加工工程を経て作られるのですが、その前段階の皮が「生革」という、半透明の革です。見た目も手触りも、私たちが普段「革」と言っているものとは全く違います。
アクセサリーにする過程も、いつも使っている革とは少し違います。
b0206677_15292843.jpg

加工前の生革。とても固く、半透明のプラスチックみたいです。
この革を水に浸し、しばらく置くと、柔らかくなります。乾くと元のように固くなってしまうので、柔らかいうちに、すばやく型を取ります。ペンなどのインクが革につかないので、千枚通しのような先のとがったもので、型に沿って傷をつけ、そのあとをはさみで切ります。


b0206677_15363762.jpg

型取りした生革。今回は、花のペンダントを作ります。生革のペンダントは、珍しいのとその革の透明な美しさで、とてもご好評をいただいています。作るたびにすぐ売り切れてしまうので、今回は多めに作ることにしました。
この生革を、アルコール液で薄めた専用の染料で染めます。


b0206677_15412248.jpg

この透明感。とても革とは思えません。
これに、ビーズで作った花芯をつけたり、飾りのビーズをつけたりすると。


b0206677_1544940.jpg

こんな感じに仕上がりました。


実は、今回のアクセサリー、momoの学校の校長先生のリクエストなのです。PTAのお母さんがつけておられた生革のペンダントがとっても素敵だったから、ぜひ作ってほしい、とお話をいただきました。ずいぶん時間がかかってしまいましたが、なんとか出来上がりました。


それにしても、「生革」はあまりに生々しいので・・・これからは、「クリアレザー」と呼ぶことにします。夏らしくて、涼しげですよ。
by hapikuro | 2012-06-26 15:56 | 活動報告

新技?

日曜日は、久々の製作でした。

今回は、いつもとはちょっと違う方法で革を染めてみようと思います。
通常は、まず革をカットしてから革専用の染料で染めるのですが、今回は逆の手順で。
つまり、最初に革を染め、その後カットするのです。染める革は、牛半分(!)。

b0206677_23265565.jpg

子ども五人が乗るほどの大きな革です。まだ、足や頭の部分が分かります。

この革を、いつもの革用染料ではなく、アクリル絵の具で色付けします。
割りばしにスポンジを巻きつけて絵筆?を作り、アクリル絵の具でそれぞれ好きな色を作って、革にポンポンと色を乗せていきます。
b0206677_2331561.jpg

でも、広い革なので、この手法で染めるのは大変~・・・
うまく染まることなく、革が無駄になってしまうのでは!?という心配もされましたが、今回使う革は、いつも利用する革屋さんから、革を買ったおまけでつけてもらった「床革」という、レザークラフトの練習用に使われるような革。両面ともツヤがなく、スエード革のような質感です。でも、これも立派な革。カットして染色し、成形すれば、素敵なアクセサリーができるのです。練習用の革でもあるし、多少染め方に失敗しても、カットすればまあ失敗部分もわからなくなるだろう~。と、いつもながらの楽観的な考えで、まずはこどもたちに思いっきりいろんな色で染めてもらおう、と思いました。

b0206677_2343323.jpg

せっせとポンポン。

b0206677_2345820.jpg

ずいぶん染まってきました。がんばる子どもたち。
・・・と、おじさん約一名。


ちょっと疲れた~。
b0206677_2348735.jpg



仲良くひと休みしつつ。
b0206677_2349672.jpg




b0206677_23494185.jpg

鮮やかに染まった~!!
これだけで、ひとつのアートのようです!!
まだ途中なんですけどね・・・
この続きは、また来月~。

カットしちゃうのがもったいない。
by hapikuro | 2012-06-12 23:56 | 活動報告
旅行を終えて、子どもたちが作文を書いてくれました。

「土日ではぴくろ旅行に行きました。一日目は、原爆について学習、平和祈念像などに行きました。平和祈念像は、ただの像ではなく、一つ一つに思いが込められていることを初めて知って、よかったです。いろいろなことを学んだので、次の時に生かしたいです。
夜、いろいろなことがありながら寝ました。二日目、待ちに待ったハウステンボスに行きました。かんらんしゃやメリーゴーランド、ジパングくらぶに行きました。とっても足が痛くてつらかったけど、楽しくできていい思い出ができました。この二日を通して、戦争のおそろしさ、平和の大切さをあらためて見直しました。」


「私のゴールデンウィークの思い出は、はぴくろで長崎に旅行に行ったことです。ハンバーグが三日続いたことがびっくりしました。二日目のハウステンボスでは、アドベンチャーパークが行けなくなったり、日本の怪談屋敷はこわくなって行けなくなってしまいましたが、とっても楽しかったです。バスから降りて、K君の家とおすしを食べて帰りました。おいしかったです。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、長崎に行ったことです。でも、ひとつ残念なことがあります。それは、Y君とH君が途中で家に帰ったことです。ハウステンボスに行けなかったことが、かわいそうでした。でも、6年のみんなにおみやげを買ってきたのでだいじょうぶとおもいます。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、はぴくろの長崎旅行です。理由は、フェリーが気持ちよかったし、ハウステンボスで、ワンピースのサニー号にも乗れたし、ドラクエ展でむかしのドラクエを見れて楽しかったです。でも、5Dなどができなかったのが、残念でした。」


みんな、楽しんでくれたようで、嬉しいです。


今回の旅行で、仲間がいればどこにでも行ける、楽しめるということを、こどもたちはまた体験することができたと思います。
そして、みんなで行くからこそわかる、仲間の大切さにも気付いたことでしょう。体の自由に動く人だけだったら、もっと沢山の事ができる。ハウステンボスでも、もっとたくさんやりたいことができたでしょう。でも、それでいいの?あなたたちの近くには、動きたくても動くことが難しい人がいる。行きたいところも制限されてしまう人もいる。そんな人たちと、同じ歩みの速さで、同じ目線で、ちょっとだけでも世の中を見てほしい。すぐに何かの形で実行する必要はないから、心の中に、同じ目線で見た、普段とは離れた旅先での出来事をとどめておいてほしいと思いました。
こどもたちは、こんな願いをしっかり受け止めてくれました。車いすやバギーに乗るメンバーのそばに常にいてくれ、相手を思いやることを忘れませんでした。本当に、ありがとう。

今回参加できなかったこどもたち、ぜひまた行きましょう。

準簿を万全に整えたつもりでしたが、いろいろと不手際があったと思います。特に、我が家の不祥事(!?)で、皆さんにご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。次回は同じことのないように頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いします。
by hapikuro | 2012-05-17 15:24 | 活動報告
ちょっと間が空いちゃいました~。はぴくろ長崎旅行パート2、です。
二日目は、お天気が少し心配でしたが、みんなの願いが通じたのか、私の行いがいいのか(??)、雨の降る気配もなく、とてもすがすがしい朝を迎えました。
朝食の前に、外の広場で朝の集いです。
今回の宿泊先には、私たちと別にもう一団体入っていました。地元中学校のバスケットボール部の少女たちです。全国大会を目指して、頑張っているそうです。
朝の集いでは、自分たちの団体の紹介をします。今回は、K君にはぴくろの紹介をしてもらいました。事前に伝えとくと、緊張するかも?と思い、朝の会ギリギリで「K君、よろしくね~。」と言いましたが、よく考えるとそれも酷な話でした・・・。それでも、さすがK君!嫌だと渋ることなく「いいですよ」と引き受けてくれ、みんなの前で立派に紹介のスピーチをしてくれました。
b0206677_1210575.jpg


そして、ラジオ体操。
b0206677_12103867.jpg


実は、前日の夜から体調を崩してしまった子がいて、その子をハウステンボスに連れて行くか、かなり迷っていました。今回の旅行をとても楽しみにしていたY君、H君兄弟。妹のAちゃんとお母さんも旅行に来る予定でしたが、旅行前日にAちゃんが体調不良を訴え、残念ながらお母さんと一緒に旅行はキャンセルになりました。当日は、お父さんがお休みを取って、Y君とH君を連れて行ってくださることになったので、ひと安心でしたが、H君も一日目の夜から具合が悪くなり・・・。本当に楽しみにしていたので、できることならハウステンボスに一緒に行きたかった。具合が何とかよくなればと、祈るような気持ちでした。が・・・二日目も体調は戻らず、お兄ちゃんのY君も具合が悪くなってきたので、苦渋の選択で、うちのVOXYをお父さんに運転してもらって、熊本に帰ってもらうことになりました。私の中で、「一緒に行きたい!」という気持ちと、「もし、ますます容体が悪くなったら・・・?そして、他のメンバーたちに症状が移ってしまったら・・・?」という不安が入り乱れました。30人近い大所帯と安全に帰るのが私の一番の使命と思い、気持ちを抑えそのことをお父さんに伝えました。お父さんは、快く理解してくださいました。でも、本当は、「快く」ではなかったかもしれないです。お休みまでとって、来てくれたのに。申し訳ありませんでした。H君の涙・・・。忘れられません。
絶対、また行こうね。


Y君、H君とお父さんを見送り、ハウステンボスへ。


そこでまたちょっとした問題が・・・。
前日の夜、子どもたちを寝かしつけた後、大人たちは集まって懇親会(という名の飲み会)をしていました。今まで大人のみで集まってお酒を飲む機会はほとんどなく、今回はまた新しいメンバーもいたので、いろんな話をして酒が進み・・・特に、わが夫は、以前から「はぴくろの親たちでお酒でも飲みながら、たくさん話をしたい」という望みを持っており、この時とばかりに飲んでしゃべって飲んで飲んで飲んで~・・・そして翌日は絵にかいたような見事な二日酔い。前々から、「子どもたちを連れて行く旅行なんだから、お酒はほどほどにしといてよ!!!」と強く言っていたのに。
恥ずかしく情けないやら、申し訳ないやら・・・
本当に、すみませんでした。

「momoパパの普段見られん姿を見た!」と、一部の方からは評判(?)でした、か??


ハウステンボス内では、3チームに分かれて、それぞれ回るところを計画して行きました。各チームには、車いすやバギーに乗るY君とmomo、N先生がいます。休憩場所やトイレ・着替えの場所、昼食の場所など、車いす利用のメンバーのことを考えて、計画を立ててもらいました。これは、今回の旅行の目的「仲間を思いやり、一緒に活動することの大切さを感じよう」につながります。自由に動ける人ばかりならば、どんどん好きなところに行ける。でも、あえて、自由に動けるわけではないメンバーと一緒に行動することで、そのメンバーの不便さや、いろいろな思いを、感じ取ってほしい、と願いました。限られた時間の中、行きたいところも行って、メンバーのことも考える。その兼ね合いの難しいところを、チームリーダーさんたちはよく頑張ってくれました。

さあ、みんな、楽しんでくるんだよ~!!


チームそれぞれ、行きたいところを厳選して、特色あるコース取りをしていました。

チームA。K君がリーダーです。
b0206677_12194110.jpg


b0206677_12211978.jpg


b0206677_12213639.jpg



チームB。H君がリーダー。
b0206677_12232250.jpg

このチームは、とにかくワンピースのブースに行くのが最大の目的。一番満喫したかもしれません。
b0206677_12242886.jpg

ワンピース一色。
b0206677_12244859.jpg

かわいい。楽しそう~。
b0206677_1225370.jpg



そして、チームC。リーダーはHちゃん。
b0206677_123409.jpg

かじられ。
b0206677_12351150.jpg

捕まり。
b0206677_12353565.jpg

はい、ポーズ。
b0206677_12363344.jpg



ゴールデンウィークのはじめということもあって、どこもかしこも人だらけ。待ち時間が多くて希望のアトラクションにたどり着くのも難しく、なかなか計画通りに回れなかったと思います・・・。そして、さらに、ハウステンボスの園内の広さ~~。時間はたっぷりとったつもりでしたが、全く足りてなかった・・・。よし、今度はハウステンボスにお泊りして、夜まで楽しめるようにしよう!!(いつかね~)

momoのいたCチームは、昼食後、「ジパング探偵倶楽部」という、宝探しのコースに挑戦しました。これは、宝の地図と手がかりを示す冊子をもらって、それをヒントに、園内に隠れる宝を探しながら回るもので、結構難しいのです。それ以前にもかなりの距離を歩いていたので、momoと私、同じチームのT先生、Y先生はくたびれ気味。なので、先に帰りの集合場所に行って待っていることにしました。リーダーのHちゃん、妹のMちゃん、二人のお母さん、Kちゃん、maco、二日酔いの夫(・・・)は、宝探しを時間ぎりぎりまでやっていました。結局は最後の宝までたどり着けず、残念がっていましたが、それはそれで楽しかったようです。


さて、長崎の旅もこれで終わり。バスに乗って、熊本に帰ります。

今回の旅の目的は、「長崎に原爆が落とされた事実を通して、戦争の恐ろしさ、残酷さ、そして平和の大切さを学ぶ。そして、みんな一緒に行動することで、仲間を思いやり、一緒に活動することの大切さを感じる」でした。

いろいろとハプニングの絶えない旅でした(その半分以上は、我が家がらみ・・・ごめんなさい。涙)が、みんな、楽しんでくれたかな?
by hapikuro | 2012-05-17 12:41 | 活動報告