はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

カテゴリ:活動報告( 72 )

4月28日~29日の二日間、「ハッピークローバー第2回強化合宿in長崎~平和の大切さを思い、仲間の大切さを感じよう。そして、みんなで楽しもう!」(長いぞ)に行ってきました!!
今回は、はぴくろメンバーからの参加が残念ながら少なく、momoのクラスのお友達にも参加を募ったところ、3人の子どもたちとそのご家族が参加してくれました。そして、今回の旅行をきっかけとして、はぴくろの新メンバーにもなっていただきました!!

旅行の日程は・・・
一日目:熊本港集合、フェリー「オーシャンアロー」に乗って長崎県島原へ。島原からバスに乗り、長崎市内に移動。長崎平和公園周辺を散策。その後、西海市の西彼青年の家で宿泊。
二日目:西彼青年の家出発、ハウステンボスへ。3チームに分かれ、ハウステンボス巡り。その後、バスに乗り、高速道路で熊本へ帰り、熊本港解散。

さらっと書いてみましたが・・・これかかなりの強行軍になっちゃいました。
その話は追々・・・。

まずは、熊本港集合です。
心配していたお天気ですが、当日は素晴らしい晴天でした。
b0206677_14402019.jpg

行ってくるぞ、お~。みんなで、決意表明(?)。


フェリーの中では、笑顔いっぱいでした。
船酔いを心配した子もいましたが、30分という短い乗船時間と、みんなで乗る船の楽しさに、あっという間についてしまい、全く大丈夫でした。
b0206677_14412440.jpg


b0206677_1442113.jpg


b0206677_14424539.jpg


b0206677_14433016.jpg

momoの隣のY君は、今回初めての県外旅行だそう。数日前まで発熱で、心配でしたが、元気になって参加できました。今回の旅行で、またひとつ自信をつけてくれると嬉しいです。


島原到着後、バスに乗り、長崎市へ。今回の参加者は29名。バスに乗りきれなくなったので、我が家の愛車VOXYさんにも出動いただきました。VOXYには、大人6人が乗り、アダルト感満載。みんな年齢が近いこともあって、わあわあと賑やかな旅になりました・・・。
島原市から長崎市への移動は、2時間かかります。バスでの移動はやはり大変。予定していた休憩時間よりもゆっくりめに時間が必要となりました。momoやY君はバギーに乗ってるので、バスの乗り降りにも時間がかかります。トイレや着替えも、普通のトイレではできないので、みんなが休憩でバスを降りた後に後部座席を使って横になったり、着替えたりしました。その都度みんなに待ってもらうのですが、みんなは本当によく待ってくれました。


そして、長崎市、平和公園へ到着。
b0206677_14443122.jpg

抜けるような青空のもと、平和祈念像の前で。
平和祈念像の姿には、すべてに意味があります。
天を指さしてまっすぐ伸ばした右手は、空から落ちてきた原爆の脅威を。
水平に広げた左手は、平和への祈りを。
横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、立てた足は原爆の恐怖を表し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っているのだそうです。
これからこの世界を担っていく子どもたちは、祈念像に向かって、原爆や戦争犠牲者の方々のご冥福を祈り、平和な世界を作っていくと誓いを立てました。

全長10メートルを超える像を前にして、子どもたちは何か感じてくれたでしょうか。


b0206677_14455376.jpg

平和祈念像の隣にある、折鶴の塔に、はぴくろのみんなで作った千羽鶴を捧げます。
b0206677_14462158.jpg


そして、場所移動。平和公園のすぐ近くにある原爆落下中心地に向かいます。
原爆落下中心地は、平和公園の隣の原爆公園内にあります。
落下地点には、御影石の塔がたっていました。

b0206677_14473917.jpg

この上空で、原子爆弾は爆発しました。

b0206677_144802.jpg


ここから、さらに1キロほど離れた山王神社へ。
長崎市には、原爆の悲劇を忘れないための碑や像が、たくさんあります。平和公園にも、原爆公園にも、多くの碑や像がありました。そして、そこここに多くの折鶴たちが捧げてありました。小学校時代に修学旅行に来たときは、そんなことには気が付かなかった。大人になって来てみて、改めて長崎は平和への祈りに包まれた街なのだということを思い知らされました。原爆投下という、世界でも他にない、最大の悲劇。何十年と草木は生えないだろうといわれた長崎は、木々の艶やかな緑、そして人々から送られた千羽鶴の鮮やかな色が目に染みる、とても美しい街になっていました。小学校時代だけでなく、大人になってから、そして、子を持つ身になってから、また来るべき街なのだな、と思いました。
山王神社への道で、夏を思わせるような日差しの中、一生懸命歩く子どもたち。きついだろうけれど、この子たちにも何か思うことがあるといいなあ。大きくなって、自分の子どもたちと、もしここに来ることがあれば、今日のことを思い出してくれるといいなあ。そう思いながら、歩いていました。


そして、山王神社へ到着。
この神社には、原爆の被害を受けてひん死の状態になりながらも復活し、大木に成長したクスノキと、爆風で半分を吹き飛ばされてもたっている、「一本柱の鳥居」があります。

b0206677_15102510.jpg

クスノキは、木の内部は空洞になっているそうです(子どもたちが見てきてくれました)。周りにはしごがかけられるほどの大木。空洞があっても、緑の葉っぱが生い茂り、生命力にあふれています。

b0206677_1459139.jpg

「一本柱の鳥居」は、神社に向かう参道の急な階段の途中にあります。そばには、倒れたもう片方の柱が横たえて置いてありました。立派な鳥居ですが、爆心地から1キロも離れているのにこんな立派なものが倒れる爆風と、片方の柱のみでも立ち続けている鳥居の両方に衝撃を受けました。


最後は、浦上天主堂へ。

ここまでかなりの距離を歩きましたが、子どもたちは本当に頑張ってくれました。途中でアイスを食べたり休憩をしながら、29人で長崎の町を歩くことが、なんだかとても楽しかったのです。momoのバギーやY君、N先生の車いすは、できる限り子どもたちが押しました。できるだけ階段のない道を通ろうと思って計画を立てましたが、山王神社への道にはどうしても階段があって、そこは、バギーを男性陣みんなで抱えてくれました。「みんなでやれば、なんでもできる」という、はぴくろの思いを、またひとつ実現することができました。

急な坂を励ましあいながら登って、浦上天主堂へ到着。
レンガ造りの素晴らしく大きな教会です。当時東洋一の規模といわれていた赤レンガ作りの浦上天主堂は、爆心地から約500mに位置していたため、原爆により一瞬にして崩壊しました。現在の天主堂は昭和34年に再建されました。
b0206677_151112100.jpg

比較的新しいレンガ造りの建物の近くに、原爆の爆風に耐えた像が立っていました。
天主堂の中には、原爆で壊れてしまい、瞳を失ったマリア像の頭部のみがありました。爆風で壊され、熱で焼かれ、瞳を失ってもなお、この世界の平和を祈り続けているようでした。


平和公園に戻って、今日の宿泊地である西彼青年の家へ。

青年の家に向かう途中、なんと我が家のVOXYさんが力尽きてしまいました。バッテリー上がり。大人6人乗せてのアダルト旅行がそんなにつらかったのか。何もこんなところで壊れなくても・・・(涙)。たまたま休憩で立ち寄ったコンビニで、隣に止まった車からエンジンを起こしてもらい、VOXYは、バッテリーを交換するために長崎市方面に逆戻り。新しいバッテリーを、H君のお父さんがぱぱっと交換してくださり、無事に青年の家に到着しました。


夕食、入浴後は、翌日のハウステンボス巡りの作戦会議。
3チームに分かれ、チームリーダーを中心に、ハウステンボスのどこに行きたいのか、お昼ご飯はどこで食べるのか、休憩はどこで取るのかなど、計画を立てました。
明日も楽しみだねえ。


パート2に続く。
by hapikuro | 2012-05-07 15:18 | 活動報告

2500羽と共に。

はぴくろ長崎旅行も、いよいよ明後日になりました。
ここ数日、旅行のしおり作りや資料作りで頭も体もいっぱいいっぱいになっていて・・・ずっと脳に力が入っているような状態で、頭痛がひどくなりつつあります。旅行明けには、脱力感で脳みそが融けるかも。

今回は長崎に行きます。
平和祈念像に奉げる千羽鶴を、メンバーに募ったところ、はぴくろメンバーのみならずそのご家族やご友人方からも鶴をいただき、総勢2500羽の大所帯となりました。皆さんの心が、とっても嬉しく、感激しています。この鶴たちと共に、これから未来を迎える子どもたちがいかに平和の担い手になるのか考え、戦争や争いで涙を流す子どもが一人でも少なくなるように、自分たちでできることを見つけ行動し続けていくことを、平和祈念像に誓ってこようと思います。
b0206677_23473226.jpg

by hapikuro | 2012-04-26 23:48 | 活動報告

桜ひらひら。

今日は(昨日は?)、お花見でした。
今の季節は体調管理が難しく、お花見に来る予定だった子どもたちも相次いで体調不良に・・・。参加人数は大幅に減りましたが、決行いたしました。

宇土市の立岡自然公園。
立岡池と花園池の二つの池を縁取るように、桜が植えてあります。その数、2000本。毎年桜の季節になると、多くの花見客でにぎわいます。
今日も、平日というのに大変な人出。車を停めるのにも、一苦労でした・・・。
でも、満開を迎えた桜は、それはそれは素晴らしく、今年の長い冬に耐えた人々に、春を迎えた喜びを与えてくれます。

b0206677_034159.jpg

昨日の嵐にも耐えた桜たち。青空に向かって、のびのびと咲いています。

b0206677_0352946.jpg

穏やかな水面に映る花も、またよろし。

b0206677_0364257.jpg

ちょっと肌寒かったけど・・・立派な桜の木の下で、のんびり。

b0206677_0391427.jpg

そして、花と少年。


久しぶりに会えたAちゃんとH君兄妹&ママと、S君&ママ。Aちゃんは数日前は少し体調が悪かったみたいだけれど、来てくれました。寒かったから、また体調崩さないようにね。でも、会えて嬉しかったよ。

お花見の後は、二次会(?)のカラオケで~す。
b0206677_0452258.jpg

はぴくろでよくお世話になるカラオケボックス。バギーが入るので、広いお部屋を用意していただきました。
ふた家族でちょっぴり寂しいかなあ・・・?と思いましたが、めいっぱい歌いまくり、大満喫。
momoは、普段車の中で私が大音量で歌っている曲には足を振り上げ、見事に反応してました。
今日はお花見に行くのを渋っていたmacoも、終わってみれば「楽しかった~」。
S君&ママも、楽しんでくれたようです。よかった~。
by hapikuro | 2012-04-05 00:55 | 活動報告

笑ってたいんだ~!

4月です~。また、新しい生活が始まります。新しい気持ちで、一日一日を大切に、頑張ります。

momoは、6年生。会う人ごとに「大きくなったね~!!」と言われ、「もう6年生!?この前入学したのにね~」と言われ。小学校生活もあと一年しかないと思うと、寂しくて泣きそうです。まだよく見えていない将来への不安も大きくなっていきます。でも、momoの中には、小学校生活で得られた沢山の、沢山の宝物があります。体の芯の奥深くにしっかりと根付いています。これからいろんなことが待ち受けているけれど、しっかりと踏ん張って、前を向いていきます。momoの仲間たちも、それぞれの道を一生懸命進んでいます。どうか、希望を、夢を持っていけますように。たとえいばらに覆われた道でも、道すらなくても、少しずつ、少しずつ、歩みを進めることで、後ろにはいつの間にか歩んだ後ができていきます。仲間がついていきます。みんなで進んでいきましょう。


3月25日、「オハイエくまもと とっておきの音楽祭」が開催されました。
はぴくろは2回目の出演です。今年も、Hちゃんの通うピアノ教室の先生と生徒さんに助けていただきました。
今年の演目は、Hちゃんのピアノ演奏に合わせてのダンスと、「いきものがかり」の曲「笑ってたいんだ」、そして定番?「カレーライス」のリズム遊び。
b0206677_15471839.jpg

出演前に、集合~。今年は、去年より少しメンバーが少ないです。

Hちゃんは、ショパンの「雨だれ」を演奏。
b0206677_15495491.jpg

ダンスに使う傘は、子どもたちの手描きのイラストが!!

b0206677_15525220.jpg

Hちゃんの「雨だれ」、素晴らしかったです。頑張って練習したんだね。

b0206677_15542548.jpg

子どもたちの傘のダンスも、素敵でした~!!


二曲目は、「笑ってたいんだ」。
b0206677_15562932.jpg

思い思いの手作りの楽器を使って、お母さんたちの歌に合わせて踊ります。

b0206677_15584844.jpg

先生がリードしてくださったので、子どもたちもよく動くことが出来ました。


そして、「カレーライス」!!
b0206677_1601754.jpg

個人的に、とっても好きな演目です。3つのパートに分かれているのですが、これが完ぺきにそろうと、鳥肌が立つほどすごいんです!!「みんなで団結した~!!」っていう感じ。


今年は二回目の出演ということもあり、先生や子どもたちにも余裕のようなものがあって、パフォーマンスもしっかり楽しめました。
ただ・・・。はぴくろメンバーからの出演が少なく・・・ピアノ教室の方々にほとんどをお世話になっている状態で、申し訳なく思うのも事実です。もう少し、はぴくろメンバーも出演できると、もっと自分たちでできることややりたいことを出し合って、より良いステージが作れると思うのですが・・・。なかなか現実は難しいですが、はぴくろの中でも考えていかねばならない課題が見えたステージでした。


そして、実はこの日、熊本市内では「お城祭り」のイベントのひとつとして「よさこい祭り」があっていて、momo、macoの小学校の3,4年生も市街地の各会場で踊っていたのです。
はぴくろのステージ後がちょうど子どもたちの出番時間だったので、そちらの方も応援に行きました。
b0206677_16313914.jpg

元気の良さ、一生懸命さ。華やかな衣装やメイクが目立つよさこいの踊り手たちの中でも、子どもたちはその素晴らしさを十分に発揮していました。観客の拍手も、とても大きかった。

b0206677_16353823.jpg

子どもたちが頑張っている中、旗を振りながら走り回るちょっと小ぶりのくまモンが。
校長先生でした・・・
by hapikuro | 2012-04-03 16:43 | 活動報告

益城町木山初市2012。

3月です。
毎年この月は、今までの一年間を振り返って物思いに浸ることが多くなります。
momoは、4月から6年生。小学校最上級生になってしまいます。
入学してから、今まで、早かったです。毎年いろんなことがあって、毎年悩み、迷い、でも、楽しかった。momoも、この五年間で心も体も大きく成長しました。
同級生以外に、今まで一番長く一緒にいてくれた6年生。いつでも優しく、さりげなくそばにいてくれ、守ってくれていた6年生が卒業してしまうのは、本当に寂しい。でも、また中学校で待っていてくれる、と思うことにしました。新たな一歩を踏み出す6年生。ありがとう。あなたたちのこれからの人生が素晴らしいものであることを確信しています。momoも、あなたたちからもらったたくさんの思いやり、愛情を、下級生に受け継げるように、頑張るよ。

さて。涙を拭こう。前を向こう。


益城町木山地区。梅が咲き始める季節になると、この地域では春を告げる「初市」が開かれます。昔は、経済・文化の中心地だった木山地区。時代とともにその姿を変えていき、今では昔の面影もありませんが、賑やかだった当時の伝統を継承すべく、当時のメインストリート?を歩行者天国にして、二日間のお祭りがあります。名物は、米の粉で作った団子に、た~っぷりのこしあんをまぶした、「市だご」。毎年これを楽しみに訪れる方も多く、今年も売り切れるほどの人気でした。
はぴくろからも、今年で3回目の出店です。

b0206677_1655455.jpg

雰囲気はわかりますか?お正月に神社の参道に並ぶような出店と、地域のお母さん方が作る市だごのお店が軒を連ねて、結構な賑わいなんですが、この日は市の二日目であいにくの曇り空。前日は天気も良く暖かかったので、かなりの人出らしかったのですが・・・今日はちょっとさびしい感じです。

b0206677_16582898.jpg

久しぶりに来てくれたN君。はぴくろ第一号社会人で~す。せっかく来てくれたのに、お客さんの入りが今一つ・・・申し訳ない。

b0206677_1701222.jpg

今回の新作です。大人向け?ストラップ。

b0206677_1703080.jpg

そして、いつも人気のペンダントシリーズ。


「今年はお客さん少ないよね・・・」と、少しがっかりしていましたが、それでも売り上げはそれなりに上がりました。一人で大量買いをしてくださる方も。ありがとうございました。
販売に来てくれたN君、Hさん、HちゃんMちゃんとお母さん、A先生、ありがとうございました。商工会の婦人部で市だごを作りながらも、忙しい中、会いに来てくれたAさんも、ありがとう。お疲れ様でした!!
by hapikuro | 2012-03-05 17:12 | 活動報告

春に向けて。

ご無沙汰しておりました(汗)。
ブログの更新はなかなかはかどらないのですが、一応チェックはしておりまして、毎日見に来てくださる方がいるということが本当にありがたく申し訳なく・・・すみません。ここ最近は、次のはぴくろ旅行計画で頭がいっぱいになっていて、ブログネタはあっても更新まで行き着かない日々でした。言い訳です、はい。

次のはぴくろ旅行計画と言えば~!

今年のはぴくろ強化合宿は、「平和を考え、異国情緒に触れよう!長崎修学旅行!!」です~!!熊本からフェリーで長崎に渡り、平和記念公園や原爆資料館を見学。二日目は、ハウステンボスでたっぷり遊ぼう!!という、半分無謀とも思える強行軍。ですが、はぴくろの皆となら、きっと楽しい旅になる!!と、確信しております。現在は貸し切りバス(熊本県の福祉リフトバスをお借りできました)と、宿泊先の確保は済んで、詳しい旅行内容を練っているところです。参加予定人数も20人を超え、みんなでワイワイと楽しく旅行が出来そうです。

旅行のためには、まずその資金を稼がなければいけません。3月4日に予定している出店に向けて、日曜日は製作を頑張りました!

b0206677_1134119.jpg

この日の参加は、Hちゃん・Mちゃんとお母さん、K君のお母さん、KちゃんとN先生母子、A先生。久しぶりにそろったメンバーで、お昼すぎまでおしゃべりしていましたが、それからの集中力がすごく、続々と出来上がる新作!!

b0206677_11401978.jpg

素晴らしいです。香りがしてきそうな、お花畑。春らしい作品も、たくさんできましたよ。

子供らは、と言えば・・・
b0206677_11422532.jpg

・・・暴れん坊3人組。
学校、学年も違う3人なのに、集まればすぐに仲良くなって、ずっと遊んでいました。

Hちゃんは、おばちゃんたちの中に混じって、何の違和感もなくおしゃべり。製作。今回も沢山アイデアを持ってきてくれたり、お花の組み合わせをいっぱい考えてくれました。

3月4日は、益城町の初市です。そこでの出店ですが、毎年お天気に恵まれず・・・今年こそは、お日様に逢えますように。
by hapikuro | 2012-02-27 11:51 | 活動報告
1月28日は、益城町人権フェスティバルでした。町内の小中学校や福祉団体が、人権をテーマにしたステージ発表を行ったり、絵画や書道の展示もあります。はぴくろからは、二年目の出店ですが、町の担当の方もよくご存じで、快く出店の手続きをしてくださいました。
今年は、momoたちの学年も学校代表で発表することになりました。テーマは、昨年、校内の学習発表会で演じた「日奈久沖哀歌」。修学旅行先の日奈久沖で、乗っていた船が転覆し、多くの子供たちや先生が亡くなったという悲しい事故を題材として、命の大切さを伝えたいという思いで子供たちは演じました。直前までセリフがなかなか入らず、苦労していた子供たち。でも、本番となると素晴らしい演技で、観客の中からも涙が。
b0206677_11202259.jpg

本当に、すごい子たちです。心に迫る発表を、ありがとう。


この日の出店に備えて製作した新作。
b0206677_1122755.jpg

今回は、「床革」という革を使ってみました。
「床革」とは、革を薄くすくときに出る革の残りで、両面ともツヤがなく、柔らかな印象に仕上がります。ネットで革を牛一頭分(!)買うと、希望の薄さにすいてもらったツヤのある革とは別に、サービスで床革もつけてもらえました。これもなんか利用できないかなあ?と思い、コサージュを作ってみると、表面にツヤのある従来のものとはまた違ったものが出来上がりました。
この人権フェスティバルでは、毎年多くの方からお買い上げいただいています。今年も、大繁盛でした。ありがとうございました。
沢山作ったつもりでしたが、気が付けば再び在庫不足・・・。
来月はまた出店予定なので、また頑張って作らねば。
自転車操業の日々は、続く・・・。
by hapikuro | 2012-02-02 11:31 | 活動報告
またもや久々の更新です・・・すみません(涙)。
年内の出来事は、年内にご報告を。がんばります。

ずいぶん前のお話になってしまいますが~。
10日は、はぴくろクリスマス会でした。
今回は、全員にマイクを向けて、今年頑張ったこと、来年頑張りたいことを話してもらいました。
ですが、なにぶんシャイな子供たち(?)。私はマイクを持って鬼のように子供らを追っかけまわし、とっ捕まえての尋問のようなスピーチタイムとなってしまいました。おそろしや。
でも、みんな勇気を出して、しっかりと話をしてくれました。
それぞれの目標を持って、また来年も頑張りましょう。
b0206677_2347112.jpg

今回の会場は、昨年と同じ場所をお借りしました。

製作部長N君のサンタさんから、子供たちはプレゼントを受け取り、そのあとはお待ちかねのビンゴ大会~!!

b0206677_014719.jpg

みんな真剣ですよ。

今回は、プレゼントをちょっと奮発しました。
そしたら、なんとmomoがビンゴ一位!一等賞のぬいぐるみをゲットしちゃいました。てへへ。
b0206677_06055.jpg


b0206677_072137.jpg


そして、最後はカラオケ大会~!
ここまで来ると、最初にあんなにマイクを恐れていた子供たちは、総「マイクハナサーズ(古っ)」に変身!!
b0206677_011451.jpg


b0206677_0134185.jpg

『妖怪人間ベム』を3回続けて歌い(!)、『ドラえもんえかきうた』が10回くらいエントリーされ、そうこうしているうちに、お開きの時間が近づき、今度はマイクを話そうとしない子供らを追っかけまわし・・。やれやれ。

今年一年間の活動を通して、子供たちは、学校の垣根を越えて仲良くなっていきました。これこそ、はぴくろの活動をしていて得られた大きな宝です。



カラオケ・・・。またやろうかね。
by hapikuro | 2011-12-29 00:31 | 活動報告

今年もがんばりました。

最近体力が落ちたなああ~と、感じることがよくあります。ブログの更新も、なかなか思うようにできず・・・申し訳ありません。気力、体力の限界を感じ(力士の引退スピーチ?)、はぴくろのモットーである「できたしこ」でやっていくしかないな、と思っております。でも、イベントなどで子供たちの笑顔を見て、多くの方から励ましの言葉をいただくたびに、「よし、また頑張ろう!!」と思えるのです。本当に、ありがとうございます。
というわけで、今回もかなり以前のお話になってしまいますが・・・
12月3日、嘉島町のイオンモール熊本(旧熊本クレア)で、上益城郡内の小中学校特別支援学級の子供たち製作による作品展が開かれました。
b0206677_1842926.jpg

さをり織りや、絵画、手作りの作品など、今年一年で子供たちが頑張った作品が展示されました。
b0206677_18455027.jpg

今年は、momoの学級や学校の子供たちも一緒になって作った革アクセサリーと、蘇陽小学校の子供たちが作ったキャンドル、クリスマスツリーがバザーとして販売されました。
b0206677_18483516.jpg

バザーのブース。

蘇陽小学校の子供たちのキャンドルは、ドーナツやクッキー、チョコなどをかたどったとってもかわいらしいもので、なんと、甘~い香りもするのです!!
b0206677_18503691.jpg

このキャンドルは、今年のはぴくろクリスマス会のプレゼントとして買わせていただきました。

b0206677_18531059.jpg

今回の販売で、今年の販売は終了です。
今年もがんばりましたね~。

また来年も、素敵な作品が沢山生まれますように。頑張りましょう。
by hapikuro | 2011-12-12 18:57 | 活動報告

松橋養護学校秋祭り。

12月になりました。今年もあと少し。
悔いの残らないように、楽しみましょう。

もう先週(というより、先月だ・・・)の話になってしまいますが・・・
はぴくろメンバーのS君が通っている松橋養護学校秋祭りで、S君ママのご紹介をいただき、初めて出店させていただきました。
b0206677_23195885.jpg

今回は、養護学校のPTA主催の秋祭りということで、実行委員の方にも事前の準備からたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
役員をされていたS君ママ。いろいろお仕事があっただろうに、ずっとはぴくろの販売ブースにいてくれました・・・ごめんね。ありがとう。
Hちゃんご一家も、販売に来てくれました。あまり体調の良くなかったHちゃんとママ。無理をさせてしまいましたね。ごめんなさい。

販売中、ふと外をみると、なんと~!
b0206677_2330571.jpg

ちょ~~背の高い人が。大道芸をされる方です。握手をしてもらうHちゃん。momoは、「すげえ~」と、見上げていました。momoも握手をしてもらいたかったのですが、あまりに背が高いので、屈んでもらうのがお気の毒(というよりも、危険・・・)で、握手はあきらめました。

松橋養護学校の秋祭りでは、最後に花火が上がります!「花火が上がるよ」と聞いたときは、正直言って「ん?家庭用の花火か?」と思っていましたが、いやいやとんでもない。花火大会で上がるようなそれは立派な花火が上がりました。すごすぎる~。
なんて盛りだくさんのお祭りなんだろう!と感動していましたが、役員の方いわく、「秋祭りは規模が小さくて・・・。学校主催の文化祭は、通路に人があふれて前に進めないほどです」とのこと。大道芸に花火で規模が小さいって、文化祭はいったいどうなるんだろう!?

来年の文化祭にもお誘いいただきました。ちょうどその時期はほかの出店も重なることが多いのですが、タイミングがあえば、来年もぜひお願いしたいです。
by hapikuro | 2011-12-06 00:05 | 活動報告