はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

カテゴリ:私事ですが・・・( 25 )

ぼちぼち・・・

また、たいへんご無沙汰しておりました・・・(汗)


ものすごく私事で申し訳ないのですが、このたび、第三子を授かりました。
11月ごろからなんだか体調がすぐれず、あああ~~もう年かな~~(T^T)と思っていたのですが、何とまあビックリ。momoとはなんと13学年、macoとは9学年離れた弟か妹です。
妊娠が分かってからは、体調の悪さにも納得がいき、それなりに頑張れていたのですが、少しずつ無理が来ていたのか、先日、切迫流産で入院する羽目になってしまいました。今は退院して、自宅でぼちぼち過ごしています。
入院期間中、そして退院してからも、夫や実家、学校の先生方には本当にお世話になっています。入院中は、夫が帰る6時ころまでmomoは学校で先生方と一緒に過ごさせてもらいました。そして、退院してからは、momoを抱えるのが負担になるからと、学校が終わってからも先生が家までついてきてくださって、抱えおろしてくださってます。本当にありがたくて、感謝です。

はぴくろの活動も、なかなか思うように動くこともできず、今年のクリスマス会は中止させていただかなければならなくなりました。本当に、すみません。
この埋め合わせ?は、きっといつかやりますので、待っていてください。
今年は、三角の「宮田農園」というところで、石釜ピザやクッキー、パンなどの手作り体験を予定していました。ここは、ぜひみんなで行きたいと思っていたところなので、もう少し暖かくなったら、ピクニックを兼ねてまた計画したいと思っています。

ブログの更新も、今まで以上にぼちぼちとなってしまうと思いますが、どうぞお許しください・・・
by hapikuro | 2012-12-19 09:40 | 私事ですが・・・

奥さまです。

先日の、macoとの会話。
maco「ママ、私は、お嬢様?」
私「(ええっ!?)ううう~ん。まあ、橋村家のお嬢様だろうね・・・。」
maco「お姉ちゃんも、お嬢様?」
私「macoちゃんも、お姉ちゃんも、橋村家のお嬢様だよ。」
maco「男の子は?」
私「それぞれのおうちで、お坊ちゃまだろうね。」
maco「じゃあ、ママは、何様?」
私「・・・。」

頭が高い~。ひかえおろう~。
by hapikuro | 2011-06-14 13:52 | 私事ですが・・・

蛇口が壊れた。

ラーメン党の震災支援報告会の後、学校にmacoを迎えに行きました。
一緒に並んで歩いていると、校庭にmomoと5~6年生の子供たちの姿が。
クラブ活動の時間でした。
アウトドアクラブに所属しているmomo。毎回、先生が楽しいイベント(?)を考えてくださって、子供たちも楽しく活動をしています。
この日は、校庭でティーボール(ミニ野球)をしていました。
何の区別をされることなく、当たり前に、自然に子供たちの中にいるmomoの姿を見ていて、なんて私たちは幸せなんだろう。と、先生や子供たちや周りのすべての人々に感謝の気持ちがぐわわ~とわいてきて、子どもたちの珍プレーを見ながら泣き笑い。

さっきの報告会でも、涙が止まらなくて困りました。一緒にいてくれたHちゃんママには、心配かけてしまいました。
それにしても、最近はよく涙が出る出る。もともと泣き虫でしたが。年を取るとさらに涙腺が弱り、自分で「大丈夫かおい!?」と言いたくなるほど、涙腺の蛇口のしまりが悪くなってます。
なんなんだろう~と思っていると、今朝は、AKB48の総選挙のニュースで、1位の子と2位の子が抱き合っている姿を見てたら涙が。
えええ~。ここでですか~。

学校にmomoを送っていったら、ちょうど通りかかったmacoたち一年生が、「momoちゃ~ん!」と集まってきてくれ、ここでも蛇口がゆるゆるになってしまいました。

どうしたもんかねえ。
by hapikuro | 2011-06-10 12:27 | 私事ですが・・・

タイムスリップ!

先日の土曜日、熊本城の下にある「桜の馬場 城彩苑」に行ってきました。
ここは、旧熊本城内プールの跡地に、熊本城を中心とする熊本の歴史や文化を楽しく学び、熊本のおいしいものを味わえる場所として、今年オープンしました。


b0206677_10384392.jpg

白壁のお店が並ぶ、雰囲気のいい通り。

b0206677_1040224.jpg

水の流れる、休憩所もあります。


歩いていると、なんと私の大好きな白玉屋さんが~!
b0206677_10424868.jpg

「白玉屋 新三郎」の白玉。もちもち、つるんとして、美味しいんです。
momoも、白玉にかかっている黒蜜をなめて、満足。
b0206677_10465256.jpg



おいしいものをいただいた後は、お勉強です~。

歴史文化体験施設「湧々座(わくわくざ)」では、熊本城を築城した加藤清正の肥後入国から西南戦争まで一挙に紹介します。熊本城の美しい石垣の模型を自分で組み立てたり、着物を着て、殿様・姫様に変身(!?)、とか、実物大の馬の模型に乗ったり、歴史クイズをしたり・・・いろいろ楽しめる場所になっています。
二階は、「ものがたり御殿」というミニシアターがあり、いろんなテーマで人形劇や実際の役者さんが演じる15分程度の物語が見られます。
この日は、「徳川家康」と、「忍者服部金蔵(?)」が出演。
b0206677_10591614.jpg

この、「本格的じゃなさ加減」が、なんとも言えません。
b0206677_1104726.jpg

momoは、「徳川家康」さんを凝視。
物語も、し~っかりと見ていました。
夫が、忍者さんに、「本物ですか?」と質問(汗)。
「いいえ。私は修行中です。本物は、外にいます。手裏剣を持っているので、わかります」とのこと。
へえ~~と思いながら、クイズや模型の馬に乗ったりして楽しんだあと、外に出ると、
いた~~!
b0206677_116873.jpg

確かに、手裏剣もってました(折り紙の、カラフルなやつ)・・・。


いろんな体験ができる、面白い場所でした。お城の方でも、宝探しなど楽しめるイベントがあってるようです。遠足や見学旅行とかでしか行かなかった熊本城ですが、楽しめる、みんなが集まる場所になりつつあるようです。
欲を言えば、「桜の馬場 城彩苑」、もう少し広かったらよかったなあ。

夜もまた、雰囲気が良いようですよ。
今度は夜、行ってみよう。


「桜の馬場 城彩苑」HP
by hapikuro | 2011-05-24 11:21 | 私事ですが・・・

この季節だけの楽しみ。

4月になってから、momoはバギーに乗って歩いて登下校です。
macoが小学校に入学して、妹は歩いて登下校しているのに姉ちゃんは楽して車で登下校、では、示しがつかんだろう!!!ということで(というより、私のダイエット大作戦のために付き合わされている)、歩いて10分ほどの距離を、てくてくと登校しています。
今の時期は野イチゴが沢山なっています。昔自分が小学生だったころ、登下校の道端に生えている野イチゴの実を取って食べながら歩いていたっけ。なつかしいなあ。
ひとつとって口に入れてみると、昔と変わらない香りと味が広がります。macoに、「食べてごらん。」と渡すと、口に入れるなり微妙な表情。「おいしいでしょ?」「・・・う~~ん・・・」それきり、二度と食べませんでした。今の子供たちはおいしいおやつが周りに溢れているから、こんな素朴な味はわからないんだろうなあ。そう残念に思っていたところ、たまたまその日一緒に帰っていたほかの子供たちが、「わあ、野イチゴだ~!!」色のきれいな実を人数分取ってきて(もちろんmomoの分も)、ひとつずつ分けてうれしそうに食べている姿を見て、いつの時代も、子供は変わらないんだな、となんだかほっとしました。

私は、というと・・・
momoを学校に送ってからの帰り道、真っ赤に輝く実を手のひらいっぱいに取って、「『大人どり』だよね~、みんなごめんね~」と言いつつ、ひとりで食べて楽しんでいます。
お~い。ダイエットは~。
b0206677_1201739.jpg

素晴らしい色。宝石のよう。
by hapikuro | 2011-05-19 12:02 | 私事ですが・・・

がんばったね。

macoが、20日に卒園式を迎えました。
前日まで39度越えの高熱を出していたにもかかわらず、当日は気合いと根性で熱を下げ、強行出場。最後まで、立派にやり遂げました。
他のこどもたちも、体調不良の子が多く、みんな満身創痍のなか、決死の出場。
ある意味、命がけの?卒園式でした。
でも、みんな本当によく頑張った。
年少の時は、頼りなくて(macoもそのころはちっちゃかったのです)、あと3年もすればこんな立派なお兄ちゃんお姉ちゃんになれるなんて、思ってもみませんでした。
小さいなりにいろんな人間関係で悩んだ時もあったけれど、今はよい思い出です。
macoは3才の時からだから、4年間の幼稚園生活。
よくがんばりました。
4月からは小学生だよ。
momo姉と一緒に、学校生活楽しんでこ~い。
by hapikuro | 2011-03-22 13:42 | 私事ですが・・・

何をそんなに。

我が家の寝言女王、maco。
以前、ブログでも書きましたが、「もっと食べたい」と、macoのことを知らない人が聞いたら同情して涙を流さんばかりの寝言をのたまっていました。ちなみに、彼女の体格は身長122㎝、体重25キロ。でっかい6才で~す。

昨夜の寝言は、どこまでも聞こえるようなハッキリボイスで「せ~の!!」

幼稚園では、卒園式の練習まっただ中。
オハイエ音楽祭の練習も、日曜日にあったばかり。

緊張感漂う日々を送っているであろう寝言女王ですが、何をそんなにがんばっているのか。
夢の中くらい、のんびりしたら?と思いつつ、「せ~の」のかけ声と共に布団から飛び出た女王を引っ張り戻す、母でした。
by hapikuro | 2011-03-14 14:02 | 私事ですが・・・

ありがとう。

前回の記事に対して、その後、沢山の思いをいただきました。

こんな究極の私事を、はたしてブログに載せてもいいもんかと、本当は迷っていました。
でも、この命が私たちのところに来てくれたこと、去っていったことを、そして伝えてくれたことを、隠すまではないにしても黙っているのは、この子に対して申し訳ないと思い、「なかったこと」には出来ないと思い、自分の中に「覚悟」を決める為にも、書かせて頂きました。
記事にコメントくれた仲間、メールくれた仲間、直接お話してくれた仲間達、本当にありがとうございました。
by hapikuro | 2011-03-10 10:35 | 私事ですが・・・

奇跡の命。

最近、ひとつの命とさよならしました。

先月の上旬、妊娠していることが分かりました。
すぐに病院に行って、検査してもらったところ、妊娠5週目。でも、心臓が見えないとのこと。妊娠初期には確認出来ないことがあるので、また一週間後に見てもらうことに。
不安だったけれど、つわりのような気分の悪さもあるし、一週間後には心臓も見えてるだろう、と自分に言い聞かせつつ、翌週の診察を受けました。
心臓は、見えませんでした。
更に翌週。やっぱり、心臓は見えませんでした。
「赤ちゃんの姿がありません。」と言われました。

今回の妊娠、実は私の心の中はまだそのことを受け止めきれていませんでした。
ずいぶん元気になったとはいえ、まだまだ不安定要素のあるmomoのこと。
4月には小学校に入学をひかえ、環境も変わって大切な時期にあるmacoのこと。
はぴくろのことも、今年を目標にやりたいことがたくさんある。
そんなことをいいわけにして、何億分の一の奇跡を起こして私たち家族の元に来てくれた命を、私は受け止めてあげられなかった。
心のどこかで、「今ですでにいっぱいいっぱいなのに、また赤ちゃんなんて育てられない」と思う自分がいました。
こんな自分勝手な私の思いさえも分かっていたのか、小さな命(命とまで言えなかったかもしれませんが)は、その姿を見せることなく、私の中からいなくなりました。

「おれ、がんばるから。」と言って、とても喜んでくれた夫。
「ずっと言わなかったけど、きょうだいが増えるのが嬉しい」と言ってくれたmaco。
気遣ってくれた友人達。
そして、「また来るから」と、神様の元に返っていった命。
ごめんなさい。ありがとう。

母親のおなかの中に命が宿り、生まれてくるというのは、どれだけ大変なことか。わかっていたつもりでも、日々の生活に追われて、私はいかに素晴らしい奇跡の命達を育てているかということを、そして自分もまたその命達に育てられていることを忘れていた。
もし、また私たち家族のところに来てくれるのなら、しっかりと受け止めて、一緒に生きていこう。
今回のことで、少しだけ覚悟が出来た気がします。
by hapikuro | 2011-03-03 15:15 | 私事ですが・・・

海はいいなあ~

日曜日、夫が「手嶋龍一」さん(外交ジャーナリスト、元NHK海外支局長)の講演会を聞きに行きたいというので、天草の大矢野町に行きました。夫が講演会に行っている間、私とこどもたちは海で遊んどこ~と思い、天草の二号橋を渡ってすぐの島にある海水浴場に行きました。この寒い時期になにするんだ!?というと、私は、今、海岸に打ち上げられてる「シーグラス」を拾うのにはまっているのです。「シーグラス」とは、海に打ち上げられたガラスのかけらが砂で削られて、磨りガラスみたいになっているもの。

こんなの ↓↓
b0206677_1649719.jpg

これを集めて、ランプとか作ろうかと思いまして。

もう何年も集めているのですが、最近は、拾っている人も多いらしく、あまり見つけられなくなりました。
もともとは誰かが捨てたゴミなので、本来なら海にあってはいけないモノなのですが、ないと寂しい。拾っていると、本当に宝探しみたいで、時間を忘れてしまいます。

それにしても、この日は寒かった~。
b0206677_16533341.jpg

浜には私たち以外に家族連れが3人。
そして、我が娘の尻。


b0206677_16561716.jpg

波は穏やか。綺麗な砂浜。
寒くなかったら、もっと長い時間いたかった。

海が大好き。時々無性に行きたくなり、眺めていると、なんだか安心するのです。
前世はきっと海の生き物だったに違いない。
でも、イルカみたいにそんなかっこいいのじゃなくて、ヤドカリとか。なまことか。浜で転がってるタイプ。
by hapikuro | 2011-02-14 17:02 | 私事ですが・・・