はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

窮鼠、○○を噛む。

我が家は築40年近い一軒家です。「古民家」とまではいかず、新しい部類にはとうてい入らず、非常に中途半端な古さ加減なのですが、内部をリフォームして、どうにか住める状態にしているつもりでした。しかし・・・
家族とは別に、勝手に同居している生き物がおります。やつの名は、チュー太郎。
今年の猛暑で発生したいろんな虫を退治するための「ゴ○ブリホ○ホイ」に、ある日、不覚にもやつは引っかかり、「チュー、チュー(助けてくれ~)」と泣いておりました。最初は「ん?空耳か?」と思っていたけど、微妙に動いている「ゴ○ブリホ○ホイ」・・・。夫に、「ネズミが掛かってるよ~」というと、風呂に入っていた夫は「殺せ。」と、非情な一言。
「殺せないよ~。生きてるもん。」
「逃がすと、また戻ってくる。今度見かけたら、憎しみが増すぞ。」
ここだけ聞いてりゃドラマのようなせりふですが、相手はチュー太郎。
「やっぱり、逃がす。」
ベッタリくっついていた「ゴ○ブリホ○ホイ」の粘着材から注意深くはがしてやり、あと少しではがれる、というとき。やつはぴょーんとジャンプし、私の右手親指に食らいついたのです。
がぶ。
「(ぎゃ~~~!)」  (夜なので、叫べない。)
とっとと逃げるチュー太郎。
ショックでしばらくぼーっとしていましたが、我に返り、噛まれた傷口を洗いながら、「ああ、私はペストか赤痢で病院送りになるかもしれない。みんな、momoをよろしく。」と誰にともなくお願いしていました。

たぶん、やつはまだ家のどこかにいます。
この話をHちゃんママにすると、「momoちゃん、噛まれるかも、」と本気で(?)心配してくれ、
Sくんママにすると、「ネズミって、可愛いよね~」「うん、可愛かった」(私)と、妙なところで意見が合ったのでした。

b0206677_0281597.gif

by hapikuro | 2010-09-30 00:28 | 私事ですが・・・
先程の長~い記事、おつきあい下さった方、ありがとうございます。
思い切りの悪い私の背中を押して、はぴくろ立ち上げのきっかけを作って下さったA先生、快く創立メンバーになってくださったK先生、N先生、K&U先生、Y先生、Hちゃんママ、momoのクラス保護者仲間のAさん、今年から仲間になって下さったT先生、そして沢山の仲間達。みんな、本当にありがとう。これからも、どうぞよろしくお願いします。
楽しい楽しい、サークルにしていきたいです。
そ・こ・で~!!

ハッピークローバー1才を記念して、
みんなでピクニックに行こう~!!!
      記念にしてはなんか、小振りな感じですが、まあ、ぼちぼち。

期日は、11月3日のはぴくろ誕生日に勝手に決めてしまいました。ごめんなさい。
場所は、今のところ、熊本市の動植物園にしようかと思っています。期日が近くなったら、また詳しいことをメール等でもお知らせします。
今予定の入ってない方、ぜひぜひその日は空けといてくださいね~!
なかなかみんなでそろうことが難しいので、沢山の方の参加を楽しみにしてます!
で、夕方、パワーの余っている方は、バーベキューでもどうかな???
もちろん、ご家族そろっての参加、大大歓迎です!
by hapikuro | 2010-09-28 18:02
昨日、momoの学校へ迎えに行ったとき、みんなでピクニックの日程はいつ頃がいいかな~という話をしていたところ、A先生から、11月3日は「ハッピークローバー」立ち上げの日だということを教えて頂きました。昨年の11月に立ち上げたのは記憶にあるのですが、その確かな記念日まで覚えていなかった私。「おおーい!代表担当なら、しっかり覚えとけ~!!」と、自分の頭につっこみをいれつつ、そうかあ、もうすぐはぴくろも1才なんだ、と感慨深いものがありました。
3年前の11月。momoは1年生でした。いわゆる”重度”の脳性麻痺で、地元の小学校には入学できないだろうと諦めていた私たちを、地元の小学校にしっかりと迎えてくれた。この子にはできないだろう、と諦めていたことを、どうすればみんなでできるのか、いつでも、どんなときでも考えてくれた。momoを含めて10人の1年生。親学級の担任の先生。特別支援学級の担任の先生。momoの専任の先生。全校児童100人に満たない、小さな小学校で、子ども達、先生、保護者の方々、みんなに囲まれ、包まれて、幸せな毎日。入学する前はこんな日が来るとは思っていなかったな。この学校で、良かった。このまま、みんなで大きくなっていって欲しい。そう、思っていた、1年生の11月。
その日はいつもより元気がありませんでした。学校で熱をはかってもらったら、38度越えの熱。すぐに迎えに行き、「たぶん風邪でしょう。今から病院連れて行きます。明日はお休みするかも。」と、先生方にお話しして、連れて帰りました。その晩。momoは今までにないような発作を起こしました。もともとてんかんの病気を持ち、発作も月に1回程度起こして、その都度救急車で病院に運び、処置をしてもらっていました。なので、今回も恒例の発作だろう。でも、なんだかいつもとは様子が違うな。と思いながら、救急車を呼び、病院に向かいました。いつもの発作なら、一日眠れば目覚めてくるのに、そのときは3日経っても目覚めない。おしっこが出ない。身体が、なんだかむくんでいる・・・。もう一度、血液検査をしてくれと、医師に頼んで、検査をしてもらった。結果は、「多臓器不全」。肝臓、腎臓はほとんど機能しておらず、肺にも水が貯まっている。血中のカリウム値が異常に高く、いつ心臓が止まってもおかしくない。というか、もう止まっているであろう値になっている。すぐに原因を突き止め、治療をしなければならないが、原因を突き止めている時間もない。なので、とりあえず体内の悪い血液を入れ替え、時間を稼ぎたい。これからすぐに処置をします。全力を尽くします。そう言う医師の言葉を聞きながら、身体の震えが止まらず、涙が止まらなかった。なんで?momoが?こうなる前に、気付いてやれなかった自分を恨んだ。でも、止まらない涙の中で、ひとつだけ思ったことは、「小学校に入学させていて、良かった。」ということ。もし、このままmomoが神様の元に呼ばれても、学校でみんなと楽しく過ごした日々を大切に持って行ける。一年生の友達と一緒に笑い、けんかし、先生に怒られ・・・この年の子どもにしか得られない、絆。大事な大事な宝物。            (続きます)

続きます
by hapikuro | 2010-09-28 15:54

ピラティス。

今日は、朝からピラティス教室に行ってきました。
ピラティスとは、ヨガとストレッチの中間みたいなもので、身体の内部の筋肉(インナーマッスル)を鍛え、骨盤をはじめとする骨格のゆがみを矯正することで、ダイエットや美しい姿勢作りに役立つエクササイズです。
ゆったりとした呼吸と動きですが、普段は使うことのない筋肉を使うので、じわ~っと汗が出てきます。
使われることもなく退化しつつあった私の筋肉が、一生懸命がんばっているのを感じながら、ひーひー言うこと一時間、終わったときはすっきりした疲労感です。これを続けると、猫背気味の背中もまっすぐ伸びるだろうな~。腹筋もついて、腰痛が軽くなるかも。
でも、残念ながら、諸事情によりレッスンは今日で退会しました。先生にそのことをお話しすると、「個人的に教えてあげるから、連絡ちょうだい」との嬉しいお言葉が!!ありがとうございます~~!
体調いまいちの人、すっきりしたい人、姿勢を良くしたい人、一緒にピラティスのレッスンを受けませんか!?何人か集まれば、どこかの場所を借りて先生にご指導頂けます。
by hapikuro | 2010-09-27 15:47 | 私事ですが・・・

久しぶりな大人数。

昨日は、「そよかぜショップ」にて製作&お店番の日でした。
ここ数日の秋の気配で、お店もずいぶん涼しくなり、体温調節の苦手な子ども達も過ごしやすくなりました。
加えて、来月からの出店ラッシュに備え、いつもに増して大人数でのにぎやかな製作となりました。
昨日のメンバーは、momoの担任のA先生、T先生、Hさん、パルちゃんママ(ブログにリンクしてる「ミカンのはなうた日記」の作者で、私の尊敬する先輩カリスマブロガーです)、Yくん&ママ、Iくんママ。午後からは、momoの担任のN先生ご一家も駆けつけて下さいました。皆さんお休みの日に、本当にありがとうございます。
作業時間は11時頃~17時。6時間も何するんだ~と思いますが、ここに来て製作をしていると、あっという間です。みんなでアイデアを出し合ったり、生み出した作品を見てお互い讃え合ったり・・・(^^)
「作ったりするのは苦手」と言っていた人が、とっても素敵な作品を作り上げて、秘めたる才能を発揮してくれてます。
昨日は、A先生が自前のテーブル&チェアー&お茶セットを持参して、お店の前にオープンカフェを作ってくれました。気持ちいい~~

b0206677_2421498.jpg


子ども達もみんな上機嫌でした。



b0206677_2444413.jpg

今回は、染色メインです



外で過ごすのも気持ちいい季節になったので、みんなでピクニックに行きたいね~という話もしました。
日程、場所等の詳しいことは、またお知らせします。
by hapikuro | 2010-09-27 02:50 | 活動報告

月が~出た出た~

昨夜は見事な月夜でした。
夫が職場からの帰り道「今日は月見しながら庭で晩飯食べよう」と電話してきて、急遽我が家のウッドデッキで焼き肉大会。でも、炭火じゃなくて、お手軽にホットプレートです。
外にテーブルを出してきて、ランタン、蛍光灯を灯して・・・(夫は、普段の食事でも蛍光灯で照らしながら食べます。明るくないといやだそうな。なんだかな~)
ここ数日で急に涼しくなって、空気が澄んでいるのがわかります。お月様も、十六夜かな?まぶしいくらいでした。


b0206677_3552032.jpg


夜はフクロウが鳴いているのも聞こえます。
by hapikuro | 2010-09-25 03:57 | 私事ですが・・・

嬉しいできごと。

昨日は、我が家にはぴくろの母親部が集まって、製作&ランチ&お茶会&座談会?でした。
今回は、これからのイベントスケジュール確認と、出店時に飾るパネルの製作がメインです。
よーし、集中して作業するぞ~!との意気込みはどこへやら、みんなが集まるとやっぱりワイワイ、モグモグ、ゲラゲラ・・・(^^;)でも、それがいいんです!私は笑いすぎて涙が出る経験を久しぶりにしました。


そして、Iくんママから、嬉しい報告が!!!なんと、赤ちゃんが授かったそうです!!Iくん、お兄ちゃんになるんだよ~!!!でも、早速赤ちゃん返りしてるらしいIくん。そうだよね、今まで10年間、ママを独り占めしてたのに、今はちょっと我慢しなきゃならない時もあって、複雑な気持ちでしょう。少しずつ、心の準備をしながら、楽しみに待っていようね。ママも、無理せず、人に任せられることは思い切り任せちゃって、母子共に健やかでいて下さい。私も猫の手くらいにしかなりませんが、お手伝いします!本当に、おめでとう!!!
by hapikuro | 2010-09-25 03:47 | 活動報告
ハッピークローバー10月の活動予定と、お知らせです。
10月 1日(金曜日)・・・そよかぜショップにて、製作、店番
               10:00~14:00
10月 7日(木曜日)・・・作業所展示会
               10:00~15:00
                熊本県庁ロビー
10月 9日(土曜日)・・・そよかぜショップにて、製作、店番
               10:00~17:00
10月10日(日曜日)・・・益城町健康フェスタ 出店
                9:00~15:00
                益城町総合運動公園
10月15日(金曜日)・・・そよかぜショップにて、製作、店番
               10:00~14:00
10月23日(土曜日)・・・熊本音楽幼稚園バザー 出店
10月24日(日曜日)・・・熊本小児在宅ケア・人工呼吸療法研究会 出店
               10:00~14:00
                熊本地域医療センター新館
10月26日(火曜日)・・・「詩人 はまだたつろう 愛のコンサート」
               13:30開場 14:00開演
               益城町文化会館
               入場無料
               *はぴくろがお世話になっている、「そよかぜ福祉作業所」の理事
                長、濱田さんをはじめ、童謡歌手の大庭照子さん、星野ひな子さ
                んが出演する、コンサートです。 
                濱田さんは、詩人だったんです!!!
                素敵なお話、歌が聴けると思います。
                お時間の許す方、ぜひどうぞ!
10月30日(土曜日)・・・県立熊本高校 文化祭 出店

10月は週末にイベントが集中するので、製作活動は平日が主になります。子ども達や、お仕事お持ちの保護者の皆さんには、なかなか製作日が確保できず、すみません。
皆さんお忙しいと思いますが、できるだけ、イベント出店のお手伝いをお願いします。
出店では、沢山の人とふれあうことができます。とても楽しいですよ(^0^)!!

10月の予定で詳しいことは、またメール等でお知らせします。

                
9月26日(日曜日)のそよかぜショップ店番日には、イベント等で出店の際に飾るパネルを作ろうと思います。
カラフルな、楽しいパネルを作りましょう!!!
by hapikuro | 2010-09-23 11:49 | 今後の予定
今日は、ちょっと真面目な?お話です。

今朝の新聞に、「もし自分が死んだら・・・障害者の親 尽きぬ不安」という見出しの記事が載っていました。(いきなりショッキングな話題で、すみません)
しょうがい持つ我が子を親が介護する上で、もっとも不安なのは、「自分が死んだ後、この子はどうやって生きていけばいいのだろう・・・」ということだと思います。子どもが小さいうちは、そして、自分が動ける間は、まだいいけれど、子どもが大きくなって、抱えられなくなったら?自分の病気、体調不良などで介護ができなくなったら?そしてもし、自分が死んだら?今は元気のつもりでも、いつ自分が病気になり、事故に遭い、子どもの前からいなくなるかは分からない。そのときどうすればいいのだろう。私は、ときどき、そんなもしもの時のためにどうすればいいのか、ぼんやりとながら考えることがあります。でも、なかなか答えは出てきません。考えても、「まあ、自分はまだ動けるし、大丈夫だろう」という安易な結論にたどり着くだけ。でも・・・momoは毎日成長し、少しずつ大きくなっている。私は、毎日少しずつ年をとる。腰も痛い(泣)。このままmomoを自分の懐に抱え込み続け、ある日突然、いつもできていたことができなくなったら・・・?本当に恐ろしい。

時々ニュースに聞く、介護する親が我が子と無理心中する話は、しょうがい持つ子の親としては、胸に突き刺さる、そして常に向き合っていかなければならない話で、他人のこととは思えません。
我が子と共に命を絶とうと思う親は、(よく報道されているような)「介護に疲れてしまった」のではないと思うのです。もう先の見えている自分がこの世を去ったとき、残されて先の見えない未来を生きる我が子が、どんな辛い目に遭うのか。それが、ただただ心配で、不憫でならないのです。だからといって、将来のある子の命を、たとえ親でも断ち切ってしまうことは、許されることではない。だけど・・・。考えても考えても、答えは見つからず、その間にも子どもは大きくなり・・・。

今は、いろんな福祉サービスも充実しつつありますが、親の立場から言わせてもらうならば、本当に信頼でき、家族として(「家族のように」ではないのです)暮らしてくれる、そんな場所はまだまだないんだろうなあ、と思います。

誰もが、人として誇りを持ち、尊重され、無条件に愛される世界。私が死ぬとき、「大丈夫よね。みんなよろしく。それじゃ、ね。」と笑ってお別れできるような、世の中に、なっているといいな。そういう世の中を、私たち親も作っていかなければ、と思います。


なんだか重い話題でした。ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。
次回はまた明るい話をしま~す(^O^)
by hapikuro | 2010-09-21 14:56 | 日々のいろいろ

沖縄の空の下。

今年の夏休み、沖縄に行ってきました。

十数年越しの念願だった沖縄!!自分の古い生命保険を解約して、解約金で旅行代金をひねり出しました。身を削る思いをして?行きたかった沖縄。行って何をしたかったかというと、海に沈む夕陽を見たかったのです。空気を真っ赤に染めていく夕陽を、波の音を聞きながら、ただぼんやりと眺めていたいなあ、と思っていました。

旅行は、宿から飛行機まで、全て自分でプロデュースしました。飛行機には、momoの特殊な車イスは乗せられないので、どこで車イスを受け渡すのか、座席にはどうやって座らせるか、ひとつひとつを航空会社と確認しながら進めました。

宿は、ビジネスホテルやマンションタイプの滞在型ホテルを取りました。その中で、どうしても泊まりたい宿がありました。名護市にある「海と風の宿」です。インターネットで宿を見つけていて、偶然出会いました。
宿のご主人成田さんは、車イスを使用されています。成田さんのブログや、宿のHPを見て、「ここに泊まりたい!自分に何が話せるか分からないけど、話をしてみたい!」と思いました。
成田さんは、ひとりで海外に旅をしたり、仲間と富士山に登ったりと、すごい経験をされています。車イスでのひとり旅は、それだけでも不安になるものだと思うのに、成田さんは、海外でも危険な目に遭いながら、それでも車イスの旅を続けておられます。そこには何があるのだろう?人を信じる、という限りない力?そして、自分自身を信じる力?人生の経験がまだまだ浅い私には、ほんの一部しか見えていない世界。
「人生の途中で車イス生活になった自分にとって、車イスに乗るということは絶望だった」と成田さん。「でも、車イスで富士山に登って、沢山の仲間が車イスを押したり引いたりしてくれた。そのことで、車イスは”悲しい乗り物”ではなくて、みんなで楽しいことをする”おみこし”なんだ、と思った」と言われました。

ああ~~!そうなんだ!momoが乗る車いすは、体の動かない人間のための単なる移動の道具ではなく、みんなで取り囲んで何か楽しいことをする、”おみこし”なんだ!!
この言葉を聞いたとき、今まで感じたことのないような、わくわくする、体の中から嬉しさとか希望のようなものがわいてくるのを感じました。
学校の運動会で、遠足で、普段の生活の中で、momoは常にお友達に囲まれ、ワイワイと賑やかな中で本当に楽しく過ごしています。この子は、移動手段の道具に乗っているのではなく、みんなで楽しめる「おみこし」に乗せてもらっている。なんて素敵なことでしょう!!!

成田さんの宿は、車いすの人でも使いやすいように、お風呂なども工夫されています。
いろんな人が宿に来て、泊まり、働き、暮らしています。
私たちが泊まった日は、客は私たち家族だけ。成田さんとスタッフの方が一人おられました。
成田さん「もう一人スタッフが来るはずなんだけどね。」
私「そうなんですね。」
成田さん「今日は来ないね~。ホームレスの人だから、連絡つかないんだよね。ははは。」

はぴくろのメンバーと、みんなでぜひ、この宿に泊まりに行きたいなあ。
私の沖縄への思いは、まだまだ続きそうです。



海に沈む夕陽は、天候悪く、結局見られませんでした。連日、雷とスコール続き。
神様が「また見においで」と笑う声が、雷に乗って聞こえた気がしました。


成田さんブログ「地球でみつけた宝物」

海と風の宿HP
by hapikuro | 2010-09-18 15:21 | 日々のいろいろ