はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

腰が。

またやりました。
腰が・・・
夜に布団に入るとき、毎晩「ごきごき」なるんです。それがくせになっていて、ならさないと気持ち悪いな~と思っていたら、3日ほど前から前屈ができないようになりました。
もともと腰痛持ちで、再発→終息の繰り返しでした。病院では「骨、折れてます」と言われ。「ええ~・・・どうすれば・・・」と聞くと、「どうもこうもできませんね~。手術もできんし。」「ええ~~・・・   」
どうにかこうにか動くことはできるので、このままつきあっていくしかないようです。
momoを抱えてうろうろすることも多いので、腹筋でも鍛えてがんばろうと思います。レッグマ○ック買っちゃった。くるくる回るやつ。やりたい人、うちにおいで。

私は、首の骨も変形しているらしく。病院では「首が普通の人より長いみたいですね。」と。「ええ~・・・どうすれば・・・」と聞くと、「急に動かないようにして下さい」「・・・ええ~~・・・   」

私の20年後は、どうなっているのでしょうか。
ロボットアームみたいのが欲しいなあ。
by hapikuro | 2010-09-16 12:43 | 私事ですが・・・
「オハイエ」って知ってますか?

「オハヨー! イエー!」という呼びかけを短くした、元気の出る言葉です。
しょうがいのある人もない人も、一緒に音楽を楽しもう!そして、ともに健康で楽しい生活をしながら、地域においての支援の輪を広げていこう!という願い、目的をもって、昨年、「オハイエくまもと」という会が設立されました。今年の3月、「オハイエくまもと とっておきの音楽祭」が、熊本市繁華街の数カ所にステージを作って、開催されました。はぴくろからは、革アクセサリーの出店という形で参加させて頂きました。

しょうがい持つ人、持たない人、関係なく、ひとつのステージで一緒に音楽を楽しめることが、こんなに楽しいこととは、私は思っていませんでした。
音楽の力が、こんなに人を結びつけるとは!!!
楽しんでいるのはステージに上がる人だけではありません。それを見ている観客の人々、沢山のボランティアスタッフ・・・みんながひとつになっているのです。
みんなのあつい思いが、会場全体を包んでいて、そこだけ違う空間のようでした。
そこで私が思ったのは・・・
はい。もうおわかりですね。

「みんなでステージに上がろうよ~~~!!!」


やっぱり、何でもやってみらんといかんです。


ステージに上がるからには、自己満足だけではなく、見ている人にも楽しんでもらわないといけません。そのためには、どうやって準備したらいいだろう???願いはあるのに知恵はなく(; ;)、もたもたとしている私に、友人のHちゃんママが助け船を出してくれました。Hちゃんが通うピアノ教室の先生が、とても暖かい思いのある先生で、もしかしたら相談に乗ってくださるかもしれない、とのこと。そこで、先生のお忙し中時間を割いて頂き、相談にうかがいました。そして、指導して頂くことを快く引き受けて下さったのです!
出演の形態としては・・・
まず先生の教室の生徒さんを軸として、演奏の内容を作って頂く。
そこに、はぴくろの子達が、まずは音や音楽を楽しむ目的で合流する。それぞれにできることをみつけて、それぞれにあった楽器を使い、補助が必要な子は教室の生徒さんと一緒に演奏する。
練習は定期的にするが、音楽祭当日の本番のみの参加もできる。

音楽祭は、来年3月。楽しいステージにしたいです。
そこで・・・

ステージに上がる人(パフォーマーといいます)、大募集!!!


当日だけでもいいんです。でも、できれば、一緒に沢山音楽を楽しみたいので、練習に参加してもらえると、教室の生徒さんとの絆も強まり、なお良いかな。と思います。
興味ある人、音楽が好きな人、単にステージに上りたい人、ぜひご連絡下さい。「ハッピークローバー」会員のみでなく、たまたまこのブログを覗かれた方でも、大歓迎です!


「オハイエくまもと」HP
by hapikuro | 2010-09-16 12:19 | オハイエ!
昨日の日曜日は、うちの子momoが通う小学校の地域で開催される相撲大会の応援に行きました。「高遊原相撲大会」といって、35回を数える伝統があり、私の夫も、小学生の時に出場したらしく、学校あげて、地域あげて応援する、とても熱気あふれる大会です。momoの小学校からの出場選手は、男女関係なく4年生以上。夏休みのうちから、みんなきちんとまわしを着け、校庭にある相撲場で一生懸命練習してきました。momoは車イスに乗っているので、残念ながら出場はできませんでしたが、手作りの応援うちわを持って、応援しました。


100人ほどの出場選手に加えて、応援の人々が土俵の周りを幾重にも取り囲みます。その中で、子ども達は闘います。

土俵に上がって相手を見据える子どもの目は、普段見ることのない鋭い眼差しです。

勝っても負けても、相手に対する感謝の心を持ち、最後まで礼を尽くします。

負けてしまって土俵を下り、涙を流す子の肩を抱きながら、仲間は迎え入れます。

学校の授業では得ることの難しい、貴重な体験をして、子ども達はまた一回り大きくなったような気がします。
momoも、しっかりと目を見開いて(普段は半目のことが多いのですが・・・)、土俵の上の友達や先輩ががんばる姿を見つめていました。動きづらい手の代わりに、足を振り上げて、応援していました。
私たちの方が、子ども達から沢山、沢山力をもらいました。本当に、ありがとう!!
by hapikuro | 2010-09-13 23:34 | 日々のいろいろ

夏休みも終わって・・・

長い長い夏休みが終わり、子ども達はまた元気に学校に行きました。解放されたような、気が抜けたような・・・不思議な気分です。でも、ぼけっとしている暇はありません!!来月に控える展示会やイベントでの販売に備えて、革アクセサリーの製作をがんばらねば!

というわけで、昨日は「ハッピークローバー」の作品を置かせてもらっているお店に、アクセサリー製作を兼ねて店番に行きました。
このお店は、「そよかぜショップ」といい、熊本県の甲佐町にあります。しょうがい者支援NPO「ボランティア仲間九州ラーメン党」(益城町)が中心となり、福祉施設、企業、支援グループ、個人農家等が集まってそれぞれの特色ある製品を持ち寄り、経営しているお店です。おもしろいのは、店長はしょうがい持つ人(大人も、子どもも)が一日交替で担当し、店員は地元の方や出品者がボランティアでやっていること。店長を務めることで、責任感ややる気が起き、店番も出品者がするので、やりがいがあります。このお店で、月に2回程度、店番と革アクセサリーの製作をしています。
b0206677_171914100.jpg

「そよかぜショップ」前にて。子ども達は、年齢も様々です





今日のメンバーは4人。それぞれ、しょうがい持つ子ども達を特別支援学校や地元の学校に通わせています。ここに来て、アクセサリーを作りながら、悩み事を相談しあったり、楽しい話をしてはケラケラと笑って、ちょっとまた元気になって、我が子の元へ帰るのです。ここへ来ると、時の経つのが早く、数時間があっという間に過ぎていきます。このサークルを立ち上げた目的のひとつは、「ここに来れば、誰かがいる。話を聞いてくれる」という場を作りたい!ということ。しょうがい持つ子も、持たない子も、先生も保護者も関係なく、人間として、仲間としてここにいられる。そんな空間を作っていきたいと思います。
b0206677_17214753.jpg

汗をかきかき;;がんばってます




b0206677_17272573.jpg

お花にクローバー・・・愛情がこもってますよ~



NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党HP


「そよかぜショップ」地図
by hapikuro | 2010-09-11 17:29 | 活動報告

こんなこと、やってます

「ハッピークローバー(通称”はぴくろ)」は、熊本県の益城町を拠点として、県内各地にメンバーが広がっています。発端は、しょうがい持つ子とその保護者、子どもの担任の先生で、「子どもの、そして自分自身の居場所が欲しい」との思いで動き始めました。現在は、しょうがい持つ子も持たない子も、一緒の空間で何かを作り出したり、一緒に遊んだりして楽しもう、ついでに保護者も楽しもう、学校の先生も巻き込んじゃおう、という、良く言えば幅の広い、ざっくりとしたサークルになっています。「なんか楽しいことしよう~見つけよう~」と常に追い求めています。

現在の活動は、革アクセサリーの製作、販売をしています。
革は、牛革、豚革を1頭分(!)仕入れます。牛革はなめし革、豚革は洋服などに使われるスエード革や、「生革(きがわ)」といって、半透明のガラスのように加工してある革を使います。型紙通りに丁寧に裁断し、革専用の染料で染め、つや出し材を塗って整形、仕上げの細工をします。製作には子ども達(上は高校生、下は保育園児まで様々です)も参加します。子ども達はそれぞれ得意なことがあります。革の裁断、色つけ、飾りのビーズ細工作り・・・各々にできることを見つけて、夢中になって革に向かいます。集中力は長続きしませんが、それが子ども。ちょろっとやってきては、製作し、後はみんなで遊んでます。遊びの輪は、しょうがい持つ子持たない子関係なく、お互いが相手を思いやりながら(時にはどつきあいながら・・・)広がります。大人は、その横で、これまたワイワイとおしゃべりしながら製作しています。
b0206677_16391215.jpg

きれいでしょ~



b0206677_16413433.jpg

遊んでます(^^;)



b0206677_1645968.jpg

親子で真剣・・・



完成した作品は、イベント、お祭り、フリーマーケットなどで販売します。自分たちが作った革細工を気に入って買ってもらえるかドキドキです。買って頂いたときは本当に嬉しいものです。子ども達は、ここでも大きな社会勉強をさせてもらっています。
「できる人が、できるときに、できたしこ(熊本弁で「できた分だけ」という意味です^^)」で、やってます。
by hapikuro | 2010-09-08 16:52 | 活動内容
「子育て」楽しんでますか?

子どもを育てていくことが「つらい」と感じたことはありませんか?

子育てに言いようのない不安を感じたことはありませんか?

子どもと向き合えていないのでは・・・と思ったことはありませんか?

子どもの笑顔を、最近いつ見ましたか?




あなたは、最近いつ笑いましたか?



「ハッピークローバー」は、悩みを抱える子ども達、親、学校の先生など、いろんな思いを持つ人たちが集まって、語り、泣き、笑い、(飲み?)そしてまた新しい明日への一歩を踏み出せるように応援する、子育て応援サークルです。

申し遅れました、私「ハッピークローバー」の代表担当(?)、もっぴー こと ももぴかりん と申します。
このサークルは、しょうがいを持つ子、持たない子、保護者、先生、みんなを包み込んで、何か楽しいことや夢中になれること、「幸せ~」と思えることを一緒に探していこうという気持ちで立ち上げました。
このサークル立ち上げのきっかけとなる出来事、思いなどはおいおいお話しするとして・・・
まずは、日々の活動内容、出会った人、出来事、など書きとどめていこうと思います。

なにぶん不慣れなパソコン作業で、ブログ初心者ときております。いろいろ不都合もあるかと思いますが、どうぞおつきあい頂けたら、嬉しいです。
by hapikuro | 2010-09-03 16:54