はっぴーくろーばー日記

hapikuro.exblog.jp

子育て応援サークル「ハッピークローバー」のブログです。子も親も先生も、み~んな笑顔で幸せにな~れ!生きてることが「ハッピー」だ!

新技?

日曜日は、久々の製作でした。

今回は、いつもとはちょっと違う方法で革を染めてみようと思います。
通常は、まず革をカットしてから革専用の染料で染めるのですが、今回は逆の手順で。
つまり、最初に革を染め、その後カットするのです。染める革は、牛半分(!)。

b0206677_23265565.jpg

子ども五人が乗るほどの大きな革です。まだ、足や頭の部分が分かります。

この革を、いつもの革用染料ではなく、アクリル絵の具で色付けします。
割りばしにスポンジを巻きつけて絵筆?を作り、アクリル絵の具でそれぞれ好きな色を作って、革にポンポンと色を乗せていきます。
b0206677_2331561.jpg

でも、広い革なので、この手法で染めるのは大変~・・・
うまく染まることなく、革が無駄になってしまうのでは!?という心配もされましたが、今回使う革は、いつも利用する革屋さんから、革を買ったおまけでつけてもらった「床革」という、レザークラフトの練習用に使われるような革。両面ともツヤがなく、スエード革のような質感です。でも、これも立派な革。カットして染色し、成形すれば、素敵なアクセサリーができるのです。練習用の革でもあるし、多少染め方に失敗しても、カットすればまあ失敗部分もわからなくなるだろう~。と、いつもながらの楽観的な考えで、まずはこどもたちに思いっきりいろんな色で染めてもらおう、と思いました。

b0206677_2343323.jpg

せっせとポンポン。

b0206677_2345820.jpg

ずいぶん染まってきました。がんばる子どもたち。
・・・と、おじさん約一名。


ちょっと疲れた~。
b0206677_2348735.jpg



仲良くひと休みしつつ。
b0206677_2349672.jpg




b0206677_23494185.jpg

鮮やかに染まった~!!
これだけで、ひとつのアートのようです!!
まだ途中なんですけどね・・・
この続きは、また来月~。

カットしちゃうのがもったいない。
# by hapikuro | 2012-06-12 23:56 | 活動報告

小学校最後の・・・

先週の土曜日は、momoとmacoが通う小学校の運動会でした。
6年生のmomoにとって、これが小学校最後の運動会。
毎年、子どもたちや先生方がmomoも一緒に頑張れるプログラムや競技を考えてくれ、徒競走、リレー、ダンスなど、すべてのプログラムにmomoも普通に出られることが、本当に嬉しく、運動会はいつも楽しみにしていました。5年生になると、momoも応援団になり、上級生としてみんなを応援するというとても大切な役目も果たせるようになりました。
かわいらしかった1年生の時のダンス。大病後、鼻に栄養のチューブを通した状態で出た2年生。よさこいソーランでかっこよかった3年生。リレーで一位になった4年生。応援団で頑張った5年生。毎年の思い出がよみがえり、この学校で、このこどもたち、先生方と作り上げてきた運動会がもう今年で最後なんだと思うと、開会式の入場行進の時点で、涙が。
b0206677_13452974.jpg

一緒に頑張った6年生、A先生と共に。

b0206677_13463880.jpg

こんな姿は、もう見られないんだなあ。
しっかり目に焼き付けたよ。


今年は、1年生にはぴくろメンバーのKちゃんがいます。いつもと違う雰囲気に、開会式前は不安だっただろうけれど、行進が始まると、とっても落ち着いた表情になりました。
b0206677_13494572.jpg

1年生の仲間たちと一緒に、元気に入場。


6年生の仲間と走り、
b0206677_14454899.jpg

応援団も。
b0206677_14471770.jpg

組体操も。
b0206677_14474062.jpg

・・・ん?
b0206677_1448847.jpg

・・・T先生。かわいいぞ。


b0206677_14482556.jpg

そして、最後のリレー。


小学校最後の運動会も、フル出場でした。
この子たちと一緒の運動会は、これで最後なんだなあと思うと、ウルウル・・・。一生懸命頑張った応援合戦や組体操では、じーんと涙が出ました。



そんな感動の中、私は夫とPTAの学年対抗大縄跳びに出場。6年生のみんな、頑張るよ!と思ったのもつかの間、縄が足に引っ掻かり、記録は0回・・・
感動の涙はいずこへか吹っ飛び、後悔と懺悔?の涙が襲ったのでした。
# by hapikuro | 2012-06-05 15:04 | 日々のいろいろ

だっこにおんぶで。

先日、天草松島の「千厳山(せんがんざん)」に登ってきました。
天草四郎が島原出陣前に、兵士らと手杓子で酒を酌み交わしたことから、「手杓子山」と呼ばれていましたが、あまりの奇岩怪石に覆われた特異な景色から、「千厳山」と名付けられました。
学生時代に一度登ったのですが、でっかい岩が重なる間を縫うように歩道や階段が作ってあり、かなり普通の山とは違います。頂上に展望台があり、そこから眺める天草の景色は最高なので、momoを連れて行きたいのですが、スロープはなく、何段もある階段を登るのは不可能だし・・・今回はあきらめるか。と思っていたところ、夫が「俺が抱っこして登る」と。
b0206677_1244199.jpg

階段を登って。

b0206677_12443653.jpg

岩と岩の隙間を通り。

時間にして、15分くらいで頂上へ。
b0206677_12462658.jpg


b0206677_1247942.jpg

maco撮影。この登っている岩の向こう側は、断崖です・・・(汗)

b0206677_12493545.jpg

頂上の展望所からの景色は素晴らしい。もう少し晴れていたら、もっと良かったな。天気の良い日には、遠く阿蘇まで見えるそうです。


くだりは、おんぶ。
b0206677_1252449.jpg

おんぶなんて、何年ぶり?

b0206677_12532798.jpg

momoも夫も、おんぶの方が楽みたい。これからは専用のおんぶ紐でも作って、山登りしますか。
# by hapikuro | 2012-05-23 12:57 | 日々のいろいろ

目を大切に。

先日、あまりにいいお天気だったので、子供らを外に出し、虫干し(!)しました。
b0206677_234998.jpg

momoは午後の太陽に干され、macoは読書。

b0206677_23163984.jpg

満開を迎えたピンクのナデシコと、・・・手前の黄色い花はなんだろか?
一年でいちばん気持ちいい季節です。

macoは、「ハリー・ポッター」全巻を4回繰り返して読み、現在5回目に突入。そんな繰り返して読んで、飽きんもんかな。でも、本人は読むたびに新しい発見をするようで、まったく飽きないとか。分厚いハリーポッターの本は、macoの手垢でぶわぶわになりつつあります。ぎゃ~。

おかげで?、入学時に1.0あった視力は、一年間で0.1に急降下・・・(泣)

先日メガネを作りに行き、新しいメガネで世の中を見たところ、あまりによく見えるので感動していました。あなた、普段どんだけ見えてなかったのよ・・・

まだ小さいので、視力が回復する可能性はまだ残されているとのこと。本もいいけど、これからは、家から見える山でも眺めて、目を大切にしてちょうだいよ。

皆さんも、目は大切に・・・
# by hapikuro | 2012-05-20 23:20 | 日々のいろいろ
旅行を終えて、子どもたちが作文を書いてくれました。

「土日ではぴくろ旅行に行きました。一日目は、原爆について学習、平和祈念像などに行きました。平和祈念像は、ただの像ではなく、一つ一つに思いが込められていることを初めて知って、よかったです。いろいろなことを学んだので、次の時に生かしたいです。
夜、いろいろなことがありながら寝ました。二日目、待ちに待ったハウステンボスに行きました。かんらんしゃやメリーゴーランド、ジパングくらぶに行きました。とっても足が痛くてつらかったけど、楽しくできていい思い出ができました。この二日を通して、戦争のおそろしさ、平和の大切さをあらためて見直しました。」


「私のゴールデンウィークの思い出は、はぴくろで長崎に旅行に行ったことです。ハンバーグが三日続いたことがびっくりしました。二日目のハウステンボスでは、アドベンチャーパークが行けなくなったり、日本の怪談屋敷はこわくなって行けなくなってしまいましたが、とっても楽しかったです。バスから降りて、K君の家とおすしを食べて帰りました。おいしかったです。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、長崎に行ったことです。でも、ひとつ残念なことがあります。それは、Y君とH君が途中で家に帰ったことです。ハウステンボスに行けなかったことが、かわいそうでした。でも、6年のみんなにおみやげを買ってきたのでだいじょうぶとおもいます。」


「ぼくのゴールデンウィークの思い出は、はぴくろの長崎旅行です。理由は、フェリーが気持ちよかったし、ハウステンボスで、ワンピースのサニー号にも乗れたし、ドラクエ展でむかしのドラクエを見れて楽しかったです。でも、5Dなどができなかったのが、残念でした。」


みんな、楽しんでくれたようで、嬉しいです。


今回の旅行で、仲間がいればどこにでも行ける、楽しめるということを、こどもたちはまた体験することができたと思います。
そして、みんなで行くからこそわかる、仲間の大切さにも気付いたことでしょう。体の自由に動く人だけだったら、もっと沢山の事ができる。ハウステンボスでも、もっとたくさんやりたいことができたでしょう。でも、それでいいの?あなたたちの近くには、動きたくても動くことが難しい人がいる。行きたいところも制限されてしまう人もいる。そんな人たちと、同じ歩みの速さで、同じ目線で、ちょっとだけでも世の中を見てほしい。すぐに何かの形で実行する必要はないから、心の中に、同じ目線で見た、普段とは離れた旅先での出来事をとどめておいてほしいと思いました。
こどもたちは、こんな願いをしっかり受け止めてくれました。車いすやバギーに乗るメンバーのそばに常にいてくれ、相手を思いやることを忘れませんでした。本当に、ありがとう。

今回参加できなかったこどもたち、ぜひまた行きましょう。

準簿を万全に整えたつもりでしたが、いろいろと不手際があったと思います。特に、我が家の不祥事(!?)で、皆さんにご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。次回は同じことのないように頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いします。
# by hapikuro | 2012-05-17 15:24 | 活動報告